竣工PHOTO GALLERY

閉じる

建物デザイン・敷地配置図

外観(2017年12月撮影)

いつまでも邸宅としての


品を保ち続けるために。


垂直方向に伸びるマリオンが印象的なファサードデザイン。
中層部にはガラス手すりを配し、光の表情を引き出しながら、
植栽の季節感とを融合させ、心地よさを演出しています。
ファサードは3層構成とし、この街にふさわしい建築美を創出。
主張し過ぎない洗練されたフォルムが、品のある邸宅としての存在感をもたらします。
時代が進んでも、いつまでも新鮮であり、邸宅としての品を保ち続けるために。
めざしたのは、未来を感じながらも普遍的であるための本質です。

  • 外観(2017年12月撮影) 外観(2017年12月撮影)

    空へと伸びるマリオンが、開放感を際立たせるファサードデザインです。

  • エントランスアプローチ(2017年12月撮影) エントランスアプローチ(2017年12月撮影)

    エントランスには光の表情を感じるデザイン。未来への期待感を演出します。

  • フレックスホール(2017年12月撮影) フレックスホール(2017年12月撮影)

    柔軟性の高い空間。心地いいサードプレイスとしてマルチに利用できます。

1.表面に細かい凹凸がある緑のガラス素材。光を当てることで、ホワイエを幻想的な光の空間に演出。2.ウォールナット系の木目が、おだやかさと落ち着きをもたらす。3.ナチュラルで明るいオーク系の木目の色合いが、空間に広がりを感じさせる。4.自然石の風合いを持ったタイル。落ち着きがありながらも明るい印象を生み出す。5.大谷石をイメージしたボーダータイル。2種の厚みがつくる陰影に高級感が醸し出される。 ※掲載の素材はフレックスホール、ホワイエに使用する予定です。

マテリアルへのこだわりが、
邸宅の存在感、上質感を醸し出す。

外壁、内壁、床などの
マテリアル一つひとつを厳選。
手触り感や色調など、
細部にまでこだわりぬいた素材が、
日の当たり方や経年とともに表情を深め、
邸宅としての風格や落ち着きある心地よさを
生み出します。

ランドスケープ

ゆとりある平置き駐車場が、フットワークを軽くしてくれる。

建物のまわりには緑を配して、自然との触れ合いを演出。
東側に配置した平置きの駐車場は、ゆとりあるスペースで出し入れもスムーズ。
出かけたい時にすぐにクルマを出せて、フットワークを軽くしてくれます。

30種類もの植物が、移りゆく季節を知らせる植栽。

駅から歩いてくると、季節を知らせる花が迎えてくれる。
そんなシーンを想定して、敷地全体で四季折々の彩りが途切れることなく連なる植栽を計画。
季節の小さな動きが感じられる豊かな日常を演出します。

1.ハナモモ 2.シバザクラ 3.ガマズミ 4.サツキツツジ 5.ヤマボウシ 6.サルスベリ 7.アベリア 8.キチジョウソウ 9.ツワブキ 10.マンサク
11.ハマヒサカ 12.アラカシ

page top

※掲載の写真は2017年12月撮影。
※共用部をご利用の際は管理規約に従っていただきます。
※掲載の植栽写真は、全て参考写真です。植栽の開花時期は参考であり、必ずしも上記の時期に開花しているとは限りません。

18.2.23
■新モデルルーム公開開始■ 約82㎡ 4LDKの間取りのモデルルームをご用意いたしました! 2月24日(土)より公開開始!
18.2.19
■【最終期】登録申込受付中 2月25日(日)15:00まで■ 2LDK 3,238万円モデルルーム住戸各(1戸) 3LDK 4,158万円各(1戸) ※詳細は物件概要をご確認ください。