トップページ > 西新二丁目

西新二丁目

快適な暮らしをかなえる副都心

福岡市の西の副都心として成長を続ける西新エリア。早良区の交通の要衝であり、便利な地下鉄利用で天神、博多駅、福岡空港などへも気軽なアクセスです。エリア周辺は早くから住宅の集積が進み、活気に満ちた商店街が発達。個性的なショップや多彩な飲食施設も充実しています。

 

文教の知性が薫る街。

かつて百道松原と呼ばれた地に明治・大正時代、修猷館中学※1と西南学院中学※2が相次いで移転してきたことで、西新エリアは学生たちが増えて学び舎の街として注目されます。戦後、西南学院では中学、高校、大学が開設され、修猷館高等学校も誕生。福岡市の博物館、総合図書館などの文教施設も整備され、大学のある街、知的でアカデミックな街というイメージにつながっています。

 

※1:福岡藩の藩校・修猷館の名前を受け継いだ県立修猷館中学が明治33(1900)年に西新に移転し、戦後は県立修猷館高等学校に改編されました。
※2:大正5(1916)年、キリスト教バプテスト派の私立西南学院が福岡市内に設立され、2年後に中学西南学院と改称され、西新に移転しました。

穏やかな環境に恵まれた西新二丁目。

西新エリアは戦後まで広い宅地が数多く残り、特に西新二丁目界隈では趣のある邸宅が建ち並び、現在も静穏でゆったりとした住環境が保たれています。さらに、樋井川沿いの開放感と清涼感にあふれた西新二丁目は、市の博物館や総合図書館、百道の海辺にも近く、恵まれた生活環境が人気を集めています。

 

※掲載の内容は2016年10月現在のものです。

コンセプト

ロケーション

PAGE TOP

予告広告 $SALESPLANTEXT$ 
※本広告を行い取引を開始するまで、契約・予約受付・申込順位確保は一切できませんので予めご了承ください。

これまでに見た物件

最近見た物件(最大10件)を表示しています。

PAGE TOP