「ファインコート」+「エネファーム」 ひとつ先のエコロジーな暮らしへ。ひとつ上の快適な住まい「ファインコート」。

エネルギーを上手につかいながら、エネルギーをつくる暮らしへ。

エネファーム解説Movie(下のMovie画面にマウスオーバーすると再生メニューが表示されます。)

出典:東京ガス ※内容は一般的な例です。

「ファインコート」だからできること

「ファインコート」は、家庭用燃料電池「エネファーム」を全国で初めて全戸に採用※1。また、省エネルギーに優れた断熱性能など、厳選された省エネ設備によって、最適設計を実現しています。電気を「つくる」ことができる「エネファーム」によって、「節約する」省エネ設備の性能を最大限に引き出し、エコ効果の「見える」住まいを実現しました。それが、「ファインコート」の考える進化した暮らしです。

「エネルギーを節約する」多彩な省エネ設備で環境に配慮した「ファインコート」。

断熱等性能等級4相当※3(自己評価・平成27年度現在、採用していない物件もございます。)の性能に加え、気密性に富んだ快適な居住性を生む「ファインコート」。照明には長寿命で消費電力の少ないLEDも積極的に採用。さらにLow-E複層ガラスや保温浴槽などのエコ設備も省エネに貢献します。

断熱性能 Low-E複層ガラス LED照明 節水トイレ 節水シャワー 保温浴槽 食洗機 EV用コンセント

「電気をつくる」酸素と水素で発電+給湯する「エネファーム」。

酸素と水素を反応させて、電気と熱を同時に作り出す家庭用燃料電池「エネファーム」を全戸に採用※4。自宅で発電しながら、同時に発電の際に発生する熱を給湯に利用できます。

エネファームのしくみ(イメージ)

いつでも、省エネの暮らしを実感。

家庭用燃料電池「エネファーム」は、キッチンや浴室に設置したエネルックリモコンから、自分の家で発電した電気量、使っている電気やガスをひと目で確認することができます。ふだんから「見える」ことでエコ効果を実感し、家族みんなが自然と省エネを意識する暮らしに変わっていきます。

エネファームによる発電量、家全体の消費電力量、購入電力量、CO2削減量、太陽光による発電(太陽光発電使用のみ表示)、発電自給率

エネルックリモコン

ECOLOGY/地球にやさしく

「ファインコート」は、平成29年4月より施行された建築物省エネルギー法に定めた省エネルギー基準※6を満たしています。こうした優れた住宅性能に加え、「エネファーム」によりCO2排出量の大幅な低減に貢献しています。

年間CO2削減イメージ

ECONOMY/家計にやさしく

新しい住まいで、新しい暮らしを存分に楽しみ、先進の設備や機能をフルに使って便利さを享受しながらも、気がつけば電気代の節約ができていて、経済的なメリットを得ることができる。それが「ファインコート」と「エネファーム」の目指す新しい住まいです。

当社施工ファインコートの年間ランニングコスト比較 電気代を抑えて、大幅な節電になります。

SAFETY/もしもの時も安心

家庭用燃料電池「エネファーム」は、災害の時などに万一断水しても「エネファーム」に溜まっている水140Lを雑用水として使用できるので安心です。
※災害により、貯水タンクが損傷する等した時は利用できない場合があります。

水147Lを確保

エネファーム本体に加え接続機器についても、10年間のフルサポートサービスを無償でご提供します。※10

1.定期点検 2.修理対応 10年間安心フルサポート

エネルギーの有効活用が、快適をひろげる暮らし。

家庭用燃料電池「エネファーム」は、電気とお湯をつくるだけではありません。足元から暖まるガス温水式床暖房や心身をリフレッシュできるミストサウナなど、「エネファーム」で作られたエネルギーを有効活用することによって、快適な暮らしがさらにひろがります。

エネファームのシステム概念図(イメージ)

ガス温水式床暖房をLDに標準装備。

足元から温まる床暖房は、ほこりや花粉などを舞い上げないクリーンな暖房です。直接床に座っても手足の冷えが気になりません。

imagephoto

point1室内を均一に温める point2肌やのどが乾燥しにくい

ミストサウナ付き浴室暖房乾燥機を採用。

短時間で身体が温まり、サッとリフレッシュできるミスト浴は、忙しい現代人の新入浴スタイル!疲れた身体をミストが立体的に包みほぐします。また、美容・健康だけでなく、家事”楽”機能も充実!

imagephoto

point1発汗・保温・保湿効果 point2リラックス効果 point3ニオイを脱臭 point4カビを抑制

※1:新築分譲戸建住宅を年間200戸以上供給するデベロッパーが東京ガス供給区域におけるシリーズ全戸で「エネファーム」を標準採用するのは、日本で初めてとなります。(平成26年3月12日時点) 平成26年3月時点で設計を開始している一部の物件より、順次開始しています。
※2:省エネ設備は、採用していない物件もございます。
※3:自己評価です。採用していない物件もございます。
※4:東京ガス供給区域のみ。 平成26年3月時点で設計を開始している一部の物件より、順次開始しています。
※5:【東京ガス試算】 試算結果による一例であり、電気・お湯の使用量により異なります。戸建(延床面積100m2)4人家族のモデルの一例。 ●年間負荷:給湯 13.3GJ、風呂保温 1.5GJ、調理 2.2GJ、冷房 7.8GJ(従来の住宅8.6GJ)、床暖房7.0GJ(従来の住宅11.3GJ)、エアコン暖房3.6GJ(従来の住宅5.8GJ)、照明他 17.9GJ ●年間電力需要:5,953kWh(従来の住宅6,185kWh)◎数字は四捨五入しているため、合計が一致しない場合があります。
※6:自己評価です。 建築物のエネルギー消費性能の向上に対する法律第2条3項に定める建築物エネルギー消費性能基準に適合。
※7:【東京ガス試算】 ●戸建住宅(延床面積100m2)4人家族のモデル一例。 当社従来システ ムとの比較。 ●ご使用状況によりメリット額は異なります。 ●年間負荷/給湯:16.6GJ、風呂保温:1.3GJ、調理:2.2GJ、冷房:6.4GJ、床暖房:12.7GJ、エアコン暖房:5.5GJ、照明他:12.5GJ ●電力需要量/ガス・電気併用住宅の場合: 4,223kWh ●一次エネルギー換算値/電気:9.76MJ/kWh、ガス:45MJ/m3 ●ガス料金:エネファームはエネファームで発電エコぷらん床暖割(家庭用燃料 電池契約)、従来システムは暖らんぷらん(家庭用ガス温水床 暖房契約)(東京地区等、基本料金を含む)を適用。 ●従来システム/使用機器:ガス給湯暖房機、ガス温水 床暖房(居間)、ガスコンロ、居間以外の暖房および冷房は電気エアコンを使用 ●電気料金:エネファーム、従来 システムとも東京電力エナジーパートナーの従量電灯B契約。 契約アンペア40Aを適用。(基本料金を含む) ●ガス・電気料金は、平成28年9月時点の平均原料・燃料価格に基づきます。(税込金額)
※8:CO2排出係数/ ガス:2.29kg-CO2/m3(当社データ)、電気:0.65kg-CO2/kWh(「地球温暖化対策計画(平成28年5月)」における2013年度火力平均係数)で算出。
※9:年間1万km走行し た場合で、ガソリン車のCO2排出量を2.32kg-CO2/L (環境省「算定・報告・公表制度における算定方法・排出係数一覧」平成28年7月時点データより)。 ハイブリッド車の 燃費を40.8km/L、ガソリン車の燃費を18.0km/Lで当社試算(国土交通省「自動車燃費一覧」平成28年 3月データより)。 ○画像・資料提供:東京ガス
※10:エネファーム「安心フルサポート」は、東京ガス製のエネファームにつきまして、東京ガスと都市ガス供給契約を締結されている方に対して東京ガスが用意するメニューとなります。東京ガス以外と都市ガス供給契約を締結した場合、「安心フルサポート」の提供は終了となり、「安心フルサポート」にて無償となる、点検・故障修理などの費用については、お客さまのご負担となります。