「真のクオリティ」とは何か?当社が追求するのは「トータルクオリティ」

“品質”というと、出来上がったマンションの出来栄えに目が行きがちではないでしょうか。
しかしお客様にとって真に価値ある品質とは、出来栄えもさることながら、10年、20年経ってもしっかりした建物であり続けることや、そこに訪れる人が感動するほどの雰囲気をもっていることではないか、と私たちは考えています。

「真のクオリティ」とは何か。お客様へ、より確かなものをご提供するために、私たちは今まで口ぐちに語られてきたクオリティを、3つに定義付けし、これらを「トータルクオリティ」としました。
建築基準法に準じるだけでなく、住み始めてからの使い勝手や、より高い安全性を追求しているのです。

TQPM図

当社が培ってきた、マンションづくりのノウハウを、お客様の満足につなげる品質基準管理システム

マンションは、綿密、かつ膨大な作業を積み重ねて形になるものです。また、同じ当社がお届けするマンションでも、それぞれ施工会社が異なります。そういった中で、どうやって品質のバラつきを少なくし、「トータルクオリティ(TQ)」を備えたマンションに仕上げるか。その答えが、当社の品質基準管理システムであり、ものづくりの思想そのものでもある「TQPM(Total Quality Project Management)」です。
当社はこのTQPMのもと、設計から施工まで、マンションづくりの全工程において何重にもチェックを行うことで未然にミスを防ぎ、自社基準にふさわしいマンションの品質を確保しています。

直営のアフターサービスにより、お客様のご要望に対して迅速・細やかに対応

マンションをお届けしたあとも、お客様とのお付き合いは続きます。
2001年、当社はそれまで管理会社に委託していたアフターサービスを直営化しました。
自社で直接アフターサービスを提供することにより、不具合の本質をより正確に把握し、サービスのクオリティを担保しています。また、お客様の声をよりダイレクトに取り入れることで、サービスの遅延を最小限にしています。

アフターサービス相関図

お客様の声を集約、フィードバックし、継続的に改善され、進化していくTQPM

毎月1度開かれる全国規模の会議や研修で、アフターサービスを通して寄せられたお客様の声はフィードバックされます。もちろん、施工現場や、管理会社(三井不動産レジデンシャルサービス)からの指摘なども、設計・施工段階で随時反映させています。
こうしたフィードバックを重ね、当社独自の設計標準は年を経るごとに蓄積されています。
この、お客様の声をさらなる品質向上につなげるフィードバックサイクルこそが、継続的に改善され進化していくTQPMの全体像です。

フィードバックサイクル図

現場で施工にあたる協力企業のスタッフにまでトレーニングを実施

当社では、すべてのマンションにおいて複数回の「TQPMトレーニング」というものを実施しています。これは、施工会社の担当者や、実際に施工に携わる職人の方も含めた、マンション建設のプロジェクトに関わるすべての方を対象にしています。このトレーニングは、TQPMの考え方を伝え、施工上の注意点を説明して不具合を予防し、当社のマンションとしてふさわしい品質水準を保つために行われるものです。
関係者すべてが、「お客様に満足いただけるマンションを作る」という共通の目的を持ったパートナーであり、TQPMは、そんな関係者とのパートナーシップを築くためのものでもあります。

・目的をひとつにしてコミュニケーションをとる
						・各社に役割の差はあっても上下の差はない
						・各社・各人がそれぞれの持場で100%の力を発揮する
						これらが実践できることも品質基準のひとつです。

「三井のマンションで良かった」と言っていただくために

お客様の本当の満足は、快適な部屋でご家族との団欒を楽しむ時間にこそあると当社は考えています。
「三井のマンションで良かった。」そう言っていただけるマンションを今後もご提供していく一方で、さらに品質を向上させるための当社の取り組みは、これからもずっと続きます。