• トップページ
  • ライフスタイル
  • コンセプト
  • 全体計画
  • ランドプラン
  • 周辺環境
  • 交通アクセス
  • 間取りプラン
  • フォトギャラリー
  • 三井のクォリティ
  • 物件概要
TOPライフスタイル江戸東京たてもの園

季節のイベントも楽しい。風情ある街並みにタイムスリップ!/江戸東京たてもの園

都立小金井公園の中に位置し、約7ヘクタールの敷地に、江戸時代から昭和初期のものまで、30棟の復元建造物が建ち並ぶ江戸東京たてもの園。幕末の武士であり、明治から昭和のはじめにかけて日本の政治を担った、第20代内閣総理大臣でもある高橋是清の住まいの主屋部分をはじめ、文化的価値の高い歴史的建造物が多数移築され、復元・保存・展示されています。その一方で、来園者に江戸東京たてもの園をより深く理解し、親しんでもらうために行っているのが、「毎年季節に合わせて催されるイベント」の数々。1月開催の「正月の昔遊び」を始め、11月開催の「紅葉とたてもののライトアップ」など、四季に合わせた生活の情景再現を兼ねた催しが、数多く行われています。中でも人気なのが、毎年恒例の夏イベント「下町夕涼み」。盆踊りやこども神輿、夜店など、昭和の夏祭りの情景を体感できるだけでなく、各建物に関連したイベントや、建物の特徴を生かした新企画が毎年実施されています。身近な場所で、歴史的建造物の魅力に触れることができる江戸東京たてもの園。ぜひ、ひとつひとつの建物を訪ね、当時の世の中や人々の暮らしぶりなどを想像し、その雰囲気を体験してください。

高橋是清邸

子宝湯内観

イベントスケジュール

[まめ知識]高橋是清(たかはしこれきよ)/1854年9月19日生まれ。第20代内閣総理大臣であり、その後、計7回に渡り長年日本の大蔵大臣を務める。昭和恐慌から日本経済を回復させるなど、財政家としての評価が高かったが、蔵相だった1936年〈昭和11年〉2月26日、軍事費抑制をめぐり軍部と対立し、所謂2・26事件により死去。

西ゾーン

日本の近代建築の発展に貢献した建築家前川國男の自邸など、さまざまな建築様式の住宅が、山の手通りに面して復元・展示されています。西側の奥には「八王子千人同心組頭の家」や農家の「綱島家」など、昔懐かしい茅葺きの民家が並んでいます。

三井八郎右衞門邸

ビジターセンター(旧光華殿)

センターゾーン

江戸東京たてもの園の出入口となる「ビジターセンター(旧光華殿)」などがあるほか、「高橋是清邸」や北多摩屈指の製糸会社を設立した実業家西川伊左衛門が隠居所及び接客用に建てた「西川家別邸」といった、歴史を伝える建物が復元・展示されています。

東ゾーン

「小寺醤油店」、「村上精華堂」、「子宝湯」など、昔の商家や銭湯などの建物を通して、下町の風情を楽しむことができます。復元したそれぞれの建物の中には、商売の道具や商品などが展示されており、当時の人々の暮らしの情景を想像するのも楽しみ方のひとつです。

東ゾーンの街並み

洋館のカフェや、蔵型のうどん屋さん。お茶も食事も、風情たっぷりのお店でどうぞ。

江戸東京たてもの園(約1,240m・自転車7分)

前のページへ戻る

ページの先頭へ

18.1.9
新年1月13日(土)~第6期5次モデルハウス公開!
17.12.9
【新春・ご来場予約受付中】先着順受付住戸“3戸”分譲中!販売価格4,790万円(1戸)~!
17.12.9
【20号棟・新モデルハウス公開】日当たり&開放感あふれる4LDK新モデルハウスを新春より公開!土日は混雑が予想されますのでお早めのご来場予約をお勧めします。