スマートウェルネス
Smart Wellness

街並み完成予想CG

家族の健康と
省エネのための新発想。

スマートウェルネス住宅*1は、住まいにおける健康リスクの不安要素を低減させるとともに、
優れた省エネ効果や災害時のライフライン確保も実現する次世代住宅。
住まいの新しいスタンダードがここにあります。

住まいには様々な健康リスクが潜んでいます。

  • 急激な温度差による
    血圧の変動で生じる
    ヒートショック*2

  • 結露による
    カビの発生

  • せきやくしゃみを
    引き起こす花粉や
    アレルギー物質

  • 日本にも
    飛来している
    PM2.5

  • 室内にこもる
    生活臭/ペット臭

住まいに潜む代表的な健康リスク

住む人のために、家ができることは、
まだあるはず。
私たち三井不動産レジデンシャルは、有識者と協議を重ねることで、
そう考えました。

スマートウェルネス住宅4つの特長

  • 1

    高断熱化により、冬暖かく夏涼しい家に

    断熱性能が従来の
    単板アルミサッシの

    3.3*3

  • 2

    結露による
    カビの発生を抑制

  • 3

    高断熱化により、冬暖かく夏涼しい家に

    95%除去*4

  • 4

    年間光熱費

    61,100円削減*5

*2:家の中の急激な温度差により大きな血圧変動が生じ、身体に大きな負担がかかる状態。
*3:【平成28年省エネ基準】建具とガラスの組み合わせによる熱貫流率より。アルミサッシ(単板):6.51W/(㎡・k)アルミ樹脂複合サッシ(LowーE複層ガラス)1.97W/(㎡・k)にて試算。出典:(株)LIXIL
*4:対象粒子径2.0μm以上の値です。対象商品の風量50㎥/h時、対象商品を通過する空気に含まれる粒子数を粒子径別に測定しワンパス(1回通過)捕集効率を当社基準によって評価したものです。0.5μm未満の微小粒子状物質については除去の確認ができていません。出典:パナソニック エコシステムズ株式会社
*5「ファインコート奥沢ザ・シンフォニア」と従来の住宅との比較。戸建住宅(延床面積100㎡)4人家族を想定。年間ランニングコストについての詳細は、下記の【光熱費試算条件】の注釈をご参照ください。
※実際の数値とは異なる場合がございます。

適切な温熱環境の維持

  • 参考図

    アルミ樹脂複合サッシ

    複層ガラスに注入したガスで
    さらに断熱・遮熱に貢献。

  • 参考図

    断熱材

    室内の熱を逃がさず、
    外気の熱の侵入を抑制。

  • 参考写真

    天井埋込型脱衣室暖房機
    ミストサウナ付浴室暖房乾燥機

    血圧が変動しやすい
    脱衣室と浴室の温度差を抑制。

  • 参考写真

    床暖房

    お部屋全体を足元から
    健康的に暖める。

  • 参考写真

    全熱交換換気システム

    外気を取り込む際に室温に近づけて 吸気し室内の温度差を均一に。

清浄な空気環境の維持

  • 参考写真

    エコカラット

    調湿作用に加え
    汚染物質を低減。

  • 全熱交換換気ユニット
    給気清浄フィルター
    微小粒子用フィルター

    優れたフィルター機能で外からの 汚染物質の侵入を抑止。

  • 参考写真

    天井埋込形空気清浄機

    室内の臭いや汚れをキャッチし、
    空気を効率的に清浄。

癒しの空間設計の実現

心に安らぎをもたらす

さらに癒しの空間設計を実現することで、
心身の健康に寄与する住まいを実現。

居住者のストレス低減を目的に、癒しの空間設計を目指しました。緑の潤いが楽しめるよう窓の位置に配慮。調光式照明や間接照明による癒しの空間演出などで、居住者の健康維持・増進を図ります。

室内からも風景を楽しめるよう植栽の位置にも配慮

概念図

各分野の専門家も注視する、次世代住宅。

  • 慶應義塾大学 理工学部
    システムデザイン工学科
    伊香賀 俊治 教授

    <住環境と健康のかかわり>

    現在、日本では少子高齢化社会の到来と社会保障費の急激な増大という社会的背景を受け、長く健康に暮らせる社会環境の設備が不可欠となっています。膨張する医療費と介護費を抑えるには、循環器疾患やアレルギー疾患の予防が有効な手段として寄与しますが、こうした疾患は住環境と大きく関係しており、これからの住宅には適切な温熱環境や清浄な空気環境の維持が求められています。

  • 近畿大学
    建築学部 建築学科
    岩前 篤 教授

    <断熱性能と健康のかかわり>

    現代社会において健康は「冬をいかに暖かく過ごすか」にかかっています。暖房の効いた部屋と冷えたままの廊下や風呂場、トイレとの温度差は約15℃。急激な温度差は人の体にとって大きな負担となり、「ヒートショック」により心臓発作や脳卒中を引き起こす危険性もあります。暖房により、住戸内の温度を24時間一定に保つことは現実的ではありません。重要なのは住まいの断熱性です。

  • 秋田県立大学
    システム科学技術学部
    建築システム学科
    長谷川 兼一 教授

    <換気と健康のかかわり>

    喘息やアレルギー等、呼吸器系疾患の原因のひとつに室内でのカビの発生が挙げられます。カビは湿度が高い状態が継続すると繁殖し易くなるため、室内の湿度環境を適切に維持することが最も重要です。目標は、相対湿度40〜70%。相対湿度は温度の低下に伴い上昇するため、住宅全体の保温性能を高めることが不可欠ですが、住宅の断熱化と併せて全熱交換換気は有効な手段となります。

しかも創・蓄・省エネで家計にも環境にも優しい。

光熱費の節約とCO2排出量を削減し、エネルギー効率の最適化を図ります。

  • 参考写真

    エネルギーの無駄が少ない*6
    エネファーム

  • 参考写真

    電気をしっかり蓄える
    リチウムイオン蓄電池

  • タブレットで家庭の
    エネルギーをかしこく確認

年間ランニングコスト比較
光熱費の節約に貢献

新しい住まいで、新しい暮らしを存分に楽しみ、先進の設備や機能をフルに使って便利さを享受しながらも、気がつけば、電気代の節約ができていて、経済的なメリットを得ることができる。それこそが、「ファインコート奥沢ザ・シンフォニア」の目指すスマート化です。

*5:【光熱費試算条件】ファインコート奥沢ザ・シンフォニア(以下FC奥沢)と従来の住宅との比較。戸建住宅(延床面積100㎡)4人家族を想定。●従来の住宅(新省エネ基準の住宅)/[年間負荷]給湯:13.3GJ、風呂保温:1.5GJ、調理:2.2GJ、冷房:8.6GJ、床暖房:11.3GJ、エアコン暖房:5.8GJ、照明他:17.9GJ/[年間電力需要]従来の住宅の電気消費量:5,719kWh/[ガス契約]従来の住宅:「家庭用ガス温水床暖房契約」適用。[電力契約]従来の住宅:東京電力の従量電灯B適用●FC奥沢(改正省エネ基準(平成28年基準)の住宅)/[年間負荷]給湯:13.3GJ、風呂保温1.5GJ、調理:2.2GJ、冷房:7.8GJ、床暖房:7.0GJ、エアコン暖房:3.6GJ、照明他:17.9GJ/[年間電力需要]FC奥沢の電気消費量:5,658kWh/[年間発電量試算]エネファーム発電量:2,767kWh、/[蓄電池]蓄電容量:1kWh、出力(連系出力):2.5kWh、電力変換効率:95%/[ガス契約]FC奥沢:「家庭用燃料電池契約、床暖割」適用。/[電力契約]ずっとも電気1適用。※ガス・電気契約はいずれも、平成28年4月時点の平均原料・燃料価格に基づきます。(税込金額、基本料金含む)本試算は、上記条件でのシミュレーション結果でありご使用状況により実際の光熱費と異なる場合も有ります。実際は表示された数値とは異なる場合がございます。
*6:エネファームの発電時に発生する熱を給湯に利用し、エネファームで作ったエネルギーを床暖房やミストサウナに活用できます。 ※実際の数値とは異なる場合がございます。

災害時も、ライフラインが確保できるよう配慮。

停電時は、蓄電池に蓄えられた電力を使用可能。 断水時の備えにも配慮しています。

  • 参考写真

    停電時の電源を確保
    リチウムイオン蓄電池

    停電時には、リチウムイオン蓄電池に蓄えた電気を設定された照明等に供給。パソコン・TVなどの情報源、冷蔵庫、携帯電話の充電のための電源なども確保されます。

  • 参考図

    断水時には、エネファームの
    貯水タンクの水を使用可能

    エネファームの貯水タンクに貯まっている水140ℓを使用できるため、ライフラインがしっかりと確保されます。

    ※排水管等の損傷により使用ができない場合があります。

三井不動産レジデンシャルの
「スマートウェルネス住宅」は、
これからの時代に求められる、
様々な要素を兼ね備えた
理想の住まいを目指しています。

エネルギー効率の向上と災害時の安心のために

システム概念図

エネルギーの
無駄が少ない
エネファーム

電気をしっかり
蓄える
リチウムイオン蓄電池

タブレットで家庭のエネルギーをかしこく確認

省エネ
  • エネファームの発電量は、家庭で使用する電力の約50%を賄います。
  • 蓄電池は電力料金の安い深夜電力を活用します。
安心・安全を追求
  • 水:エネファーム内に最大140ℓの水を確保可能です。
  • 電気:停電時に蓄電池に蓄えられた電力を使用可能です。
  • ※排水管やインフラ等の故障により使用できない場合があります。

断熱性能・空気環境を向上させ家族の健康に配慮

  • 適切な温熱環境を維持する機器
  • 清浄な空気環境を維持する機器
  • 癒しの空間設計
  • 適切な温熱環境の維持
    参考図

    アルミ樹脂複合サッシ

    参考写真

    全熱交換換気

  • 清浄な空気環境の維持
    参考写真

    空気清浄機

    参考写真

    エコカラット

  • 癒しの空間設計の実現
    参考写真

    照明

実績と信頼を積みかさねている
三井不動産レジデンシャルの「スマートウェルネス住宅」。

  • 建売住宅初のスマートハウス「ファインコート大塚」〈分譲済〉

  • スマートウェルネス住宅「ファインコート等々力 桜景邸」〈分譲済〉

*1:当社の定めるスマートウェルネス住宅とは、外皮平均熱貫流率0.75/m2・k以下を確保できる断熱性能と浴室暖房乾燥機・天井設置型脱衣室暖房機・全熱交換システム・床暖房システム・エネファーム・HEMS・LED照明を採用し、家庭用蓄電池または太陽光発電システムのいずれかを設置している住宅を指します。 ※掲載の各イラストは計画段階の図面を基に描き起こしたもので実際とは異なります。
※掲載の完成予想CGは計画段階の図面を基に作成したもので形状・色等は実際と異なります。施工上の理由及び改良のため、変更となる場合がございますのでご了承ください。なお、外観形状の細部、設備機器等は表現しておりません。植栽は施工から育成期間を経た状態のものを想定して描いており、施工時には植物の生育を見込んで必要な間隔をとって植えております。

予告広告 平成30年02月上旬 販売予定 
※本広告を行い取引を開始するまで、契約・予約受付・申込順位確保は一切できませんので予めご了承ください。

これまでに見た物件

最近見た物件(最大10件)を表示しています。

近隣の物件を探す

エリアから探す

新築・中古マンションや、一戸建て・土地などをお探しの方はこちら

三井不動産グループが提供する便利な不動産総合サイトです。
新築・中古マンション、戸建や土地などの物件情報はもちろん、不動産に関するあらゆる疑問やお悩みにもお応えします。

三井のすまいモール

「三井のすまい」ご入居後には便利でおトクなサービスをご提供。

「三井のすまいLOOP」は困ったときのすまいのことから、毎日使う水の宅配まで、さまざまなくらしのサービスや商品を
ラインアップしています。三井のすまいにご入居いただいた方にご利用いただけるサービスです。

三井のすまいLOOP