SMART WELLNESS-S

スマートウェルネスS

ImagePhoto

ご家族一人ひとりの健康と
省エネに貢献する
スマートウェルネスS住宅※1

三井不動産レジデンシャルでは、住まう方のために家ができることを徹底して追求。
設計段階から機器を厳選し、組み合わせ、複合的に機能させることで
気密&断熱性能・空気環境を向上させ、家族の健康と省エネに貢献する住まいをお届けします。

室内の温度差を抑え、清浄な空気環境を維持。

ImagePhoto 断熱材 全熱交換換気システム1 全熱交換換気システム2 エネファーム 洗面室天井暖房 床暖房 ImagePhoto 断熱材 全熱交換換気システム1 全熱交換換気システム2 エネファーム 洗面室天井暖房 床暖房

税制上の優遇が受けられる「認定低炭素住宅※3

「ファインコート上野毛」は、国土交通省が定めた低炭素住宅の認定基準をクリア。「認定低炭素住宅」として、税制上の優遇が受けられます。

※3:低炭素住宅の認定基準:①省エネ法の省エネ基準に比べ、一次エネルギー消費量(冷房・暖房・換気・照明・給湯など)が10%以上削減されていること。②その他の低炭素化に資する対策を8項目中2項目以上講じていること。

■住宅ローン減税制度の拡充
一般住宅認定低炭素住宅
控除対象借入限度額4,000万円5,000万円
最大控除額400万円500万円
入居時期平成26年4月〜平成31年6月末
控除率1.0%
控除期間10年間

*10年間の合計

「ファインコート上野毛」は、国土交通省が定めた低炭素住宅の認定基準をクリア。「認定低炭素住宅」として、税制上の優遇が受けられます。

※3:低炭素住宅の認定基準:①省エネ法の省エネ基準に比べ、一次エネルギー消費量(冷房・暖房・換気・照明・給湯など)が10%以上削減されていること。②その他の低炭素化に資する対策を8項目中2項目以上講じていること。

■住宅ローン減税制度の拡充

一般住宅認定低炭素住宅
控除対象借入限度額4,000万円5,000万円
最大控除額400万円500万円
入居時期平成26年4月〜平成31年6月末
控除率1.0%
控除期間10年間

*10年間の合計

※1:当社の定める「スマートウェルネスS」住宅とは、外皮平均熱貫流率0.75 W/(㎡・K) 以下を確保できる断熱性能と浴室暖房乾燥機・天井設置型脱衣室暖房機・全熱交換換気システム・床暖房システム・エネファーム・LED照明を採用している住宅を指します。本物件は上記の条件を満たしています。
※2:ご使用状況等によりメリット額は異なります。機器費・設備工事費は除く
【東京ガス試算】当社従来品との比較。戸建(延床面積100㎡)4人家族のモデル一例。
●年間負荷/給湯:16.6GJ、風呂保温:1.3GJ、調理:2.2GJ、冷房:5.6GJ、床暖房:12.4GJ、エアコン暖房:5.4GJ、照明他:11.4GJ
●電力需要量(ガス・電気併用住宅の場合。従来TES熱源機使用)3,773kW
●1次エネルギー換算値電気:9.76MJ/kWh、ガス:45MJ/㎥、給湯暖房効率:80%。CO2排出係数/ガス:2.29kg-CO2/㎡、電気:0.69k-CO2kWh。ブナの木が1年で平均してCO2を約5kg吸収すると仮定して計算。(実際にブナの木が吸収する量とは異なります。)
●ガス料金:エネファームはエネファームで発電エコぷらん床暖割(家庭用燃料電池契約)、従来システムは暖らんぷらん(家庭用ガス温水床暖房契約)適用。(税込金額、基本料金含む。ガス料金は、東京地区等にて試算。家庭用選択約款の適用には、東京ガスブランド品にかぎりません。)
●電気料金:東京電力の従量電灯B適用、契約アンペア40A。平成27年9月時点の平均原料・燃料価格に基づきます(税込金額、基本料金含む)。但しご使用状況により差額は異なります。

17.12.18
【資料請求受付中】資料請求いただきましたお客様には、HP未掲載プラン、事前案内会開催情報など最新情報をお届けいたします。資料の発送は、1月下旬頃を予定しております。いましばらくお待ちください。
17.12.18
12/18より、公式HP公開いたしました。