ファインコート府中武蔵野台ブロッサムスクエア
来場予約 資料請求 現地案内図

ファインコート府中武蔵野台「現地販売センター」

0120-026-321

営業時間
土・日・祝日:10時~17時
平日:11時~17時
定休日
毎週水曜日・木曜日、第三火曜日

Copyright © Mitsui Fudosan Residential Co.,Ltd. All Rights Reserved.

三井不動産レジデンシャル

物件概要

設備/エネファーム

image photo

image photo

 

美しさと快適さを突き詰めた設備・仕様。

参考写真

ミストサウナ「MISTY」

超微粒子マイクロミストなので濡れにくく、読書も可能です。また、浴室のカビの繁殖を抑える機能もあります。

参考写真

宅配ボックス

留守中に宅配物を受け取れる宅配ボックス。在宅時でも、着替え中や家事で手の離せない時などに便利です。

参考写真

床暖房

空気を汚さず室内をクリーンに暖める床暖房を設置しました。冬の水仕事の際も足元からじんわり暖めます。

参考写真

エネファーム

発電しながら、その際に発生する熱を給湯に利用。さらに、断水時にはタンク内の水を生活用水として使用可能です。

※災害により、貯水タンクが損傷する等した時は利用できない場合があります。

参考写真

浄水器内蔵型シャワー水栓

ノズルが引き出せ、浄水器を内蔵したハンドシャワー混合水栓を採用。大きなお鍋やシンクのお手入れに便利です。

※カートリッジの交換は有償となります。

参考写真

ビルトイン食器洗い乾燥機

引き出し式で食器の出し入れが容易なビルトインタイプ。食器洗いの手間を省き、電気・水道代の節約に貢献します。

参考写真

ハイパーガラストップコンロ

お手入れのしやすいガラストップコンロを採用。さらに、魚を美味しく焼ける、水なし両面グリルも装備しています。

保温浴槽「サーモバスS」

浴槽保温材と保温組フタのダブル構造で冷めにくい保温浴槽。追い焚き回数を減らし、光熱費の削減につながります。

参考写真

エコベンチ浴槽

全身浴も半身浴も快適に愉しめる高い機能性と、水道・光熱費が節約できるエコ性能を両立させた浴槽です。

参考写真

カラーモニター付インターホン

画面で来客を確認でき、留守中の録画機能やズーム機能も備えたカラーモニター付インターホンを設置しました。

Low-E複層ガラス(全窓)

夏は室内に入る太陽の日射熱を50%以上カットし、冬は室内熱を外に逃がしにくくするため、冷暖房効率を高めます。

参考写真

電動シャッター

1階掃出し窓に電動シャッターを設置。窓を閉めたまま操作できるので、快適な室内温度を損なわずに開閉可能です。

※1階掃出し窓 ※26号棟除く

 

未来を想う。環境に配慮した住まいであること。

酸素と水素を反応させて、電気と熱を同時に作り出す
家庭用燃料電池「エネファーム」を全戸に採用※1
自宅で発電しながら、同時に発電の際に発生する熱を給湯に利用できます。

CO₂の排出や光熱費を効果的に抑えてくれます。

「ファインコート」は、「建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律(建築物省エネ法)」の省エネルギー基準※2を満たし、さらに省エネルギー性能に優れた住宅トップランナー基準※3にも適合しています。こうした優れた住宅性能に加え、「エネファーム」によりCO2排出量の大幅な低減に貢献しています。

新しい住まいで、新しい暮らしを存分に楽しみ、先進の設備や機能をフルに使って便利さを享受しながらも、気がつけば電気代の節約ができていて、経済的なメリットを得ることができる。それが「ファインコート」と「エネファーム」の目指す新しい住まいです。

※1:東京ガス供給区域のみ。2014年3月時点で設計を開始している一部の物件より、順次開始しています。※2:自己評価です。 建築物省エネ法に定める「建築物エネルギー消費性能基準」のこと。※3:建築物省エネ法に定める「一戸建ての住宅のエネルギー消費性能の向上に関する基準」のこと。省エネルギー基準に定める基準一次エネルギー消費量(その他一次エネルギー消費量を除く)に比し、一次エネルギー消費量(同)を10%以上削減することが求められます。※4:●一戸建(延床面積120㎡)、4人家族のモデル一例●ご使用状況等により削減量は異なります。●ガスで発電をするため、年間ガス使用量は増加します。【試算条件】(東京ガス調べ)●年間負荷/給湯:16.6GJ、風呂保温:1.3GJ、調理:2.2GJ、冷房:10.6GJ、床暖房:8.9GJ、エアコン暖房:5.2GJ、照明他:11.3GJ●電力需要/年間4,008kWh(従来システムの場合)●使用機器/従来システム:ガス給湯暖房機、エネファーム:エネファーム、共通事項:居間の暖房はガス温水床暖房と電気エアコンを併用、居間以外の暖房及び冷房は電気エアコン、ガスコンロを使用●CO2 排出係数/電気0.65kg-CO2/kWh(『地球温暖化対策計画(平成28 年5 月)』における2013 年度火力平均係数)、ガス2.29 kg-CO2/㎥(東京ガスデータ)●年間CO2 削減量は、ご使用状況等によって異なります。●ガス料金/従来システム:「家庭用ガス温水床暖房契約《暖らんぷらん》」*適用、H30年6月時点の原料費調整費を適用エネファーム:「家庭用燃料電池契約、床暖割《エネファームで発電エコぷらん、床暖割》*適用、H30年6月時点の原料費調整費を適用*群馬南地区、四街道12A 地区、東彩ガス地区、東日本ガス地区、日本瓦斯(ニチガス)真岡地区には対象メニューはございません(2018年6月時点)。●電気料金/従来システム、エネファームともに従量電灯B適用、契約アンペア40A。東京電力エナジーパートナーの従量電灯B契約のH30年6月時点の燃料費調整費および再生可能エネルギー発電促進賦課金を適用 ※5:エネファーム「安心フルサポート」は、東京ガス製のエネファームにつきまして、東京ガスと都市ガス供給契約を締結されている方に対して東京ガスが用意するメニューとなります。東京ガス以外と都市ガス供給契約を締結した場合、「安心フルサポート」の提供は終了となり、「安心フルサポート」にて無償となる、点検・故障修理などの費用については、お客さまのご負担となります。*実際は表示された数値と異なる場合がございます。