ファインコートひばりヶ丘住吉町
来場予約 物件エントリー 現地案内図

ファインコートひばりヶ丘住吉町 インフォメーションデスク

0120-321-019

営業時間
平日:11:00~17:00
土日祝:10:00~17:00
定休日
毎週火曜・水曜・木曜

Copyright © Mitsui Fudosan Residential Co.,Ltd. All Rights Reserved.

三井不動産レジデンシャル

物件概要

快適な暮らしを支える先進の設備・仕様。

ガラストップコンロ

お手入れがしやすく、耐衝撃性や耐摩耗性に優れた耐熱ガラストップを採用。無水両面焼きグリルやグリル調理タイマーなど多彩な機能が付いています。

静音ワイドシンク

水道水や食器がシンクにあたる音の響きを低減する静音シンクを採用。大型の鍋なども洗いやすい幅広のワイドシンクです。

食器洗い乾燥機

引き出し式で食器の出し入れが容易なビルトインタイプ。食器洗いの手間を省き、電気・水道代の節約に貢献します。

浄水器付ハンドシャワー混合水栓

ノズルが引き出せ、浄水器を内蔵したハンドシャワー混合水栓を採用。蛇口先端のボタンを押すだけで、浄水や原水の切り替え、水流変更が簡単に行えます。

※浄水カートリッジの交換は有償となります。

カウンタートップ人造大理石

カウンタートップには、豊かな質感と高級感が洗練されたキッチンを演出する人造大理石を採用。汚れが染み込みにくく、お手入れも簡単です。

ホーロー整流板レンジフード

整流板にホーローを使用。簡単に汚れを取り除くことができ、お手入れが楽に済みます。

ホーローキッチンパネル

油などを簡単に拭き取ることができるホーロー製のキッチンパネル。マグネットで調理器具などの設置も可能です。

キッチンスライド収納

奥までしっかりと利用でき、調理器具も取り出しやすいスライド収納。引き出しを強めに押してもゆっくりと締まるソフトクローズ機能を搭載しました。

パントリー

キッチンの近くに便利なパントリーを設置。日々の料理に使う食品以外に、災害用の備蓄品を置いておく場所としても活用できます。

ミナモ浴槽

洗い場側に張り出した新形状の“ミナモ浴槽”は、肩やひざまわりがゆったりとし、首あたりや浴槽の縁をつかむ時の腕のあたりの良さが特長です。

保温浴槽「サーモバスS」

浴槽保温材と保温組フタのダブル構造で冷めにくい保温浴槽。追い焚き回数を減らし、光熱費の削減につながります。

TES温水式浴室暖房乾燥機

乾燥・暖房・涼風・換気機能を備えた浴室換気乾燥暖房機を装備。雨の日などいつでも衣類乾燥が行えます。

三面鏡収納付洗面台

洗面室をスッキリ見せるため、三面鏡の裏側に収納スペースを設置。化粧品や洗面小物などをまとめて収納できます。

シングルレバー混合シャワー水栓(洗面)

ヘッドが引き出せるのでお手入れや洗髪時に便利。目の細かいシルキーシャワーは肌触りがよく、水ハネを防ぎます。

ボウル一体型洗面カウンター

デザイン性に優れお手入れしやすい、ボウル一体型の人造大理石カウンタートップを採用しました。

リネン庫

バスタオルやハンドタオル、洗面台周りの小物を収納できる便利なスペースを全邸に設置しました。

温水洗浄機能付節水トイレ

大切な水を無駄なく賢く節約する、エコロジーでエコノミーな便器。洗浄機能付で快適に使えます。

TES温水式床暖房

LDには床暖房を設置。ホコリを巻き上げないので、空気を汚さず室内をクリーンに暖めます。

宅配ボックス

デザイン門柱に宅配ボックスを標準装備。不在時の荷物を収納でき、外出の際にも便利。また在宅時には非接触での荷物の受け取りに対応します。

ウォークインクロゼット

衣類やバッグなどの収納に便利なウォークインクロゼットを設置しました。

エネルックリモコン

住戸内のガス・お湯の使用量、光熱費、CO₂排出量を見える化したガス給湯器リモコンです。

Low-E複層ガラス(全窓)

アルミ樹脂複合サッシにより、夏は室内に入る日射熱を抑え、冬は室内熱を外に逃がしにくくするため、冷暖房効率を高めます。

出典:株式会社LIXIL

足元保安灯(階段、洋室1)

停電すると自動的に点灯し、取り外せば懐中電灯として使える足元保安灯を設置しました。

TVモニター付インターホン

カラー映像で来訪者が確認できるので、不要なセールスなどは対面することなく対応が可能です。また外出中の来訪者も録画機能で記録することができ、帰宅後に確認できます。

人感センサー付玄関ポーチ灯

人が接近すると自動点灯するセンサー付ライトを設置。帰宅時の安全や防犯対策に配慮しています。

電動シャッター(1階掃き出し窓)

LDの掃出し窓に電動シャッターを設置。窓を閉めたまま操作できるので、快適な室内温度を損なわずに開閉可能です。

※家具・調度品等は販売価格には含まれません。予めご了承ください。設備・仕様の色や形状は、住戸により異なります。詳しくは担当者にお問合せください。

未来を想う。環境に配慮した住まいであること。

酸素と水素を反応させて、電気と熱を同時に作り出す家庭用燃料電池「エネファーム」を全戸に採用※1

自宅で発電しながら、同時に発電の際に発生する熱を給湯に利用できます。

エネファームでつくった電気とお湯を有効活用

エネファームは、発電機能と給湯・暖房機能をもつシステムです。

エネファームがつくった電気とお湯は、家の中に送り出され、暮らしに活かされます。

*追いだきや各暖房は、熱源機を利用します。各種設備はオプションです。

CO2の排出や光熱費を効果的に抑えてくれます。

「ファインコート」は、「建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律(建築物省エネ法)」の省エネルギー基準※2を満たし、さらに省エネルギー性能に優れた住宅トップランナー基準※3にも適合しています。こうした優れた住宅性能に加え、「エネファーム」によりCO排出量の大幅な低減に貢献しています。

■一戸建て、延床面積120㎡、4人家族の京セラ製のモデル一例

※ご使用状況等により削減量は異なります。

新しい住まいで、新しい暮らしを存分に楽しみ、先進の設備や機能をフルに使って便利さを享受しながらも、気がつけば電気代の節約ができていて、経済的なメリットを得ることができる。それが「ファインコート」と「エネファーム」の目指す新しい住まいです。

■エネファーム導入による光熱費削減効果(イメージ)

■一戸建て、延床面積120㎡、4人家族の京セラ製のモデル一例

※ご使用状況によりメリット額は異なります。

※機器費、工事費は年間光熱費削減効果の算出にあたって考慮に入れておりません。

■使用できる電化製品(一例):京セラ調べ

※1:東京ガス供給区域のみ。平成26年3月時点で設計を開始している一部の物件より、順次開始しています。※2:自己評価です。建築物省エネ法に定める「建築物エネルギー消費性能基準」のこと。※3:トップランナー基準(住宅):次世代省エネルギー基準を満たしたうえ、2008年度時点での一般的な設備(エアコン・照明・給湯器など)を備えた住宅に比べ、エネルギー消費量をおおむね10%以上削減することが求められます。※4:【東京ガス試算】従来システムとの比較。○年間負荷/給湯:16.6GJ、風呂保温:1.3GJ、調理:2.2GJ、冷房:10.6GJ、床暖房:8.9GJ、エアコン暖房:5.2GJ、照明他:11.3GJ○電力需要/年間4,008kWh(従来システムの場合)○使用機器/従来システム:ガス給湯暖房機、エネファーム:エネファーム、共通事項:居間の暖房はガス温水床暖房と電気エアコンを併用、居間以外の暖房及び冷房は電気エアコン、ガスコンロを使用、太陽光発電システムは併設なし。※5:○CO₂排出係数/電気0.65kg-CO₂/kWh(『地球温暖化対策計画(2016年5月)』における2013年度火力平均係数)、ガス2.29kg-CO₂/㎥(東京ガスデータ)※6:○年間1万km走行時の場合○ガソリンのCO₂排出量:2.32kg-CO₂/ℓ(環境省「算定・報告・公表制度における算定方法・排出係数一覧」2016年7月時点データより)○燃費:ハイブリッド車40.8km/ℓ、ガソリン車18.0km/ℓ(国土交通省「自動車燃費一覧」2016年3月時点データより)※7:【東京ガス試算】従来システムとの比較。○年間負荷/給湯:16.6GJ、風呂保温:1.3GJ、調理:2.2GJ、冷房:10.6GJ、床暖房:8.9GJ、エアコン暖房:5.2GJ、照明他:11.3GJ○電力需要/年間4,008kWh(従来システムの場合)○使用機器/従来システム:ガス給湯暖房機、エネファーム:エネファーム、共通事項:居間の暖房はガス温水床暖房と電気エアコンを併用、居間以外の暖房及び冷房は電気エアコン、ガスコンロを使用、太陽光発電システムは併設なし。○ガス料金/従来システム:「家庭用ガス温水床暖房契約《暖らんぷらん》」*適用。エネファーム:「家庭用燃料電池契約、床暖割《エネファームで発電エコぷらん、床暖割》*適用○電気料金/従来システム、エネファームともに従量電灯B適用、契約アンペア40A。東京電力エナジーパートナーの従量電灯B契約の2019年11月時点の燃料費調整および再生可能エネルギー発電促進賦課金を適用。*2019年11月時点の原料費調整を適用。群馬南地区、四街道12A地区、東彩ガス地区、東日本ガス地区、日本瓦斯真岡地区には対象メニューはございません(2019年11月時点)。尚、対象地区が変更になる可能性がありますので、詳細はお問合せください。※8:○記載の数値は定格消費電力の目安です。実際の消費電力は製品の機種や使用方法によって異なります。また、種類によっては、瞬間的に発電電力を上回る電力負荷がかかることがあるため、消費電力にかかわらず使用できないことがあります。○停電してから自動で停電時専用コンセントおよび熱源機へ電気の供給を開始します(最大使用量約400W)。○最大使用量は、熱源機の消費電力と停電時専用コンセントからの消費電力の合計です。○発電電力が400Wになるまで5分から30分かかります。○熱源機の多くの機能をお使いになると、停電時専用コンセントでご使用いただける消費電力は少なくなります。○エネファームミニが発電していない時に停電になった場合は停電時発電継続機能は使用できません。詳しくは取扱説明書をご覧ください。○ガスの供給が停止している場合は、エネファームミニも停止します。○断水時は給湯は使用できません。○最大使用量を超えると供給が停止しますので、再開する場合はリモコン操作を行ってください。○停電復旧時は自動で通常運転に戻るため、停電時専用コンセントからも供給は止まります。※9:停電時の累積発電時間を500時間として設計しています。※10:サポート制度は、東京ガスと《エネファームで発電エコぷらん》等の料金メニューで都市ガス需給契約を締結いただき、エネファームを家庭用途でお使いのお客さまに対してご用意するメニューです。東京ガス以外と都市ガス需給契約を締結した場合、サポート制度の提供を終了させていただき、サポート制度で無償となる故障修理などの費用は、お客さまのご負担となります。サポート証の記載に従い有償になる場合には、故障修理に数千円~数十万円の費用が必要となります。なおサポート制度を開始するには、「承諾(申込)書」のご提出が必要です。燃料電池ユニットとリモコンについては、2年間のシステム保証とその後のサポート制度により、10年間修理等を無償で対応いたします。燃料電池ユニットと同時に設置した熱源機・追いだき配管・端末ユニットについては、システム保証により2年間修理等を無償で対応いたします。サポート期間以降は、有償対応となります。継続使用点検(設置後10年以降に発生)はサポート制度の対象外となり、有償(目安金額で約16万円(税抜き))となります。

ご入居からはじまる、お客様のくらしに対応するさまざまなサポートサービスや、三井不動産グループの総合力を活かしたメンバーシップサービスなどで、お客様の気づきにくいところまで見守り続けます。

ご入居からはじまる、お客様のライフスタイルは、さまざまです。

三井不動産レジデンシャルは「くらしごこち品質」を見守り、サポートいたします。

※2・3・4・5はレジデンシャル・カスタマー(保証基準)に則り実施します。

三井のすまいLOOP