• トップページ
  • 街並み
  • 代表間取り
  • タウンコンセプト
  • コミュニティ
  • モデルハウス
  • 設備・仕様
  • 周辺環境
  • アクセス

equipment

隅々にまで活きる、ファインコートならではの徹底したこだわり。

Structure

先進のテクノロジーが支える。堅牢構造のファインコート。耐震等級2相当の耐震住宅です。

行き届いた施行管理体制で、確かな住まいをつくり上げる。

工程01

工程02

工程03

工程04

工程05

工程06

※ファインコートの2×4施工の説明です。

2×4(ツーバイフォー)工法

柱のない大空間を創り出す構造システム。
全棟安心の強さと心地よさを発揮します。

ツーバイフォー

ツーバイフォー図

耐震性能

床・壁・天井の6面は、それぞれ枠組材と面材が一体化したダイヤフラムと呼ばれる“磐”を形成し、高い剛性を発揮。耐震等級2相当(※)の耐震性能です。

※フラット35Sの技術基準

耐震性能図

耐火性能

1階と2階や各居室間の“火の通り道”をファイヤーストップ材によってシャットアウト。万一、火が石コウボードを通過した場合でも、壁の中を伝わって燃え広がるのを防ぎます。

耐火性能図

耐風性能

台風の多い日本で安心できる住まいに暮らすには、優れた耐風性を備えていることも重要なポイントとなります。強風による屋根の吹き上げを防ぐために、防錆処理した2×4工法 独特の補強金物ハリケーンタイで、屋根垂木を壁の縦枠にがっちりと緊結します。

耐風図

参考写真

基礎コンクリート

鉄筋表面からコンクリート表面までの最短寸法であるコンクリートかぶり厚さを充分に確保。さらにモルタル刷毛引き仕上げで、コンクリートが空気にさらされることを防ぎます。

基礎コンクリート図

フルベース基礎

地盤面からの基礎立ち上がり高は約40cm以上を確保。さらに、木材の大敵である湿気が床下にこもらないよう、くまなく換気ができる基礎パッキン工法を採用することにより、 スムーズな空気の流れをつくり、湿気を外に追い出します(なお、ユニットバスや玄関土間等、一部の箇所については気密パッキンを採用しています)。さらに、土台水切りを設けて雨仕舞いを良くし、土台の耐久性にも配慮しています。

フルベース基礎図

Quality & After service

ご安心と、ご満足をいただくために。ファインコートならではの徹底したこだわり。

施工・管理体制

ファインコートでは多岐におよぶ各工程でキメ細やかなチェックを実施。一貫した品質管理・アフター体制で、お客様が将来にわたってご満足いただけるサービスのご提供を目指します。

クオリティマネジメント

お客様からアンケートなどを通じてご意見をいただくことを常としています。いただいたご意見は、商品企画・商品管理にフィードバック。商品や品質管理基準を継続的に高めています。

アフターケア図

Fujisawa SST戸建街区販売センター 【フリーコール】0120-321-474 携帯電話・PHSからも通話可能です。営業時間/午前10時〜午後5時(火・水・木曜定休)Fujisawa SST戸建街区販売センター 【フリーコール】0120-321-474 携帯電話・PHSからも通話可能です。営業時間/午前10時〜午後5時(火・水・木曜定休)

資料請求

現地案内図

来場予約

PAGE TOP

来場予約はこちら

資料請求はこちら

お問い合わせ<フリーコール>0120-321-474

18.8.3
8月中も土日祝日は通常通り営業いたします!来場予約ボタンにてご予約承ります。
18.8.3
【夏季休業のお知らせ】2018年8月6日(月)~2018年8月24日(金)までの平日は夏季休業とさせていただきます。
17.12.25
三井不動産レジデンシャル初!宿泊体験可能モデルハウス公開中!コンセプトは「住めばおのずと時間が生まれる家」パナソニック・東京ガスとのコラボレーション企画