プラン

image photo

ご家族の時間を大切にする住まいを。
コミュニケーションを楽しむ空間づくりに着目。

このプランはこちら

食事をしたり、寛いだり、お子さまが宿題をしたり。
いまリビング・ダイニングは、ご家族が永く快適に過ごす空間としての役割がますます求められています。
本物件では、親子の自然なコミュニケーションを促し、育む、住空間を目指し、様々な工夫を採り入れています。

「小学校低学年の
約8割がリビングで勉強」。
子どもの学習スペースとしての
役割を担うリビング・ダイニング。

都市生活研究所がまとめた「子どもの勉強に関するデータ」によると、小学校低学年の約8割がリビングで勉強をしています。
小学校のあいだ勉強を見てあげる人は、母親が約8割、父親が約4~5割。リビング・ダイニングが学習スペースとしての役割を担っているとともに、親子のコミュニケーションを育む重要な空間となっています。
自分の部屋以外に勉強道具を置いているのはほとんどがリビングであり、勉強道具の収納スペースを設ける必要性も高まっています。

出典:都市生活研究所

普段勉強を行う場所として最も時間が長い場所は?

合計収納畳数約14畳以上。
すっきりとした居住空間を確保。

概念図(1、5、6、8号棟)

出入りに段差がなく、荷物の出し入れが楽な納戸。大型の荷物の収納に便利です。                 

概念図(2、3、7、9、10、11、12号棟)

入口から奥が見渡せて確認がしやすく、フラットで出し入れがしやすいので、重さや大きさのある物の収納に便利です。

概念図(1、5、6、8号棟)

階段のあるステップストレージは、荷物のスムーズな出し入れが可能。また、小さなお子さまの玩具置場を兼ねたプレイスペースとしても利用できます。

概念図(6号棟)

洋室との程よいセパレートで、ライフスタイルに合わせて便利に使えます。この段差効果で下階の天井高もアップします。

※施工等の関係で変更になる場合がございます。詳しくは設計図等でご確認ください。
※家具・調度品等は販売価格には含まれません。予めご了承ください。

※施工等の関係で変更になる場合がございます。詳しくは設計図等でご確認ください。
※家具・調度品等は販売価格には含まれません。予めご了承ください。

※リビングダイニング完成予想CGは、計画段階の図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。家具・調度品等は販売価格に含まれません。予めご了承ください
※掲載の敷地配置イラストは、図面を基に描き起こしたもので、実際と異なる場合があります。また、施工上の理由および改良のため、変更することがございます。

18.1.12
「モデルハウス事前案内会」の開催日は1/20(土)から1/27(土)に変更となりました。
18.1.9
1/27(土)より「モデルハウス事前案内会」開催!ご来場予約受付中!(本ホームページの来場予約ボタンからご予約下さい)