パークホームズ横濱東寺尾マークヒルズ
物件エントリー 現地案内図

現地案内図

パークホームズ横濱東寺尾マークヒルズ インフォメーションデスク

0120-806-321

営業時間
平日:11:00~17:00
土・日・祝祭日:10:00~17:00
定休日
火・水・木曜日(祝祭日除く)

Copyright © Mitsui Fudosan Residential Co.,Ltd. All Rights Reserved.

三井不動産レジデンシャル

物件概要

その豊かな眺望や緑に恵まれた良好な住環境により、古くから“鶴見の山手”と称された東寺尾界隈。風光明媚な住宅街として愛されてきたこの地には、昭和初期より海外留学や外国勤務帰りのモダンな人々が多く移り住んできました。

現地周辺の街並み(約550m/徒歩7分)

現地周辺の街並み(約1,000m/徒歩13分)

また、明治時代の本郷、田端といった第一の山手、大正時代の目白、赤坂、麻布、青山をはじめとする第二の山手に続く、いわば第三の山手として、成城学園や玉川田園都市、日吉、大森山王などとほぼ時期を同じくして発展してきた住宅地でもあります。

出典:『第二京浜国道と鶴見めがね橋物語』

開放感あふれる高台に、人々は良質な住環境を求めてきました。名だたる邸宅地は、山手と呼ばれる高台に多くあります。「パークホームズ横濱東寺尾マークヒルズ」の舞台となるのも、鶴見の山手と称される高台。横浜ランドマークタワーや横浜ベイブリッジをはじめ、周辺の豊かな緑や閑静な住宅街など、贅沢なまでの眺望が日常になる毎日が、ここから始まります。

眺望写真※現地9階から東方向を撮影(2022年5月撮影)

眺望写真※現地9階から東方向を撮影(2022年5月撮影)

眺望写真※現地9階から西方向を撮影(2022年5月撮影)

眺望写真※現地9階から西方向を撮影(2022年5月撮影)

眺望写真※現地9階から北方向を撮影(2022年5月撮影)

眺望写真※現地9階から北方向を撮影(2022年5月撮影)

眺望写真※現地7階から南方向を撮影(2022年5月撮影)

眺望写真※現地7階から南方向を撮影(2022年5月撮影)

「パークホームズ横濱東寺尾マークヒルズ」のエントランスが位置するのは、鶴見・山手の高台の、いわば入口にあたる部分です。そのため、高台の眺望を手にする住宅ながら、「生麦」駅からは高低差が少ないゆるやかなアプローチ。日々の通勤・通学はもちろん、ベビーカーやお子様を連れての外出にも快適な環境が整っています。

※「鶴見・山手」とは、その豊かな眺望や良好な住環境により、東寺尾周辺が古くから“鶴見の山手”と称されていたことを表現しています。出典:『第二京浜国道と鶴見めがね橋物語』

※掲載の立地概念イラストはあくまで概念を示すものであり、周辺建物や道路等の一部を省略・簡略化の上表現している為、建物の高さや位置、スケール、向き、距離など、実際とは異なります。

※掲載の眺望写真は現地より(EAST:9階より東方向、WEST:9階より西方向、NORTH:9階より北方向、SOUTH:7階より南方向)を撮影(2022年5月)したもので、実際の住戸からの眺望とは異なります。眺望・景観は、今後の周辺環境の変化に伴い将来にわたって保証されるものではありません。

※掲載の周辺街並写真は2022年4月・5月に撮影したものです。