ファインコート日吉緑彩邸
物件エントリー 現地案内図

ファインコート日吉 緑彩邸  現地販売センター

神奈川県横浜市港北区日吉本町一丁目30番11-4号

0120-676-321

営業時間
土日祝/10:00~17:00
平日/11:00~17:00
定休日
火・水・木曜日

Copyright © Mitsui Fudosan Residential Co.,Ltd. All Rights Reserved.

三井不動産レジデンシャル

物件概要
  • image photo

    image photo

 

機能性と心地良さを追求した設備・仕様。

K I T C H E N

参考写真

食器洗い乾燥機

衛生的で節水効果もあり、毎日の家事の負担を軽減します。

参考写真

ガラストップコンロ

トッププレートは熱に強く傷つきにくく、お手入れしやすい素材です。

参考写真

浄水器一体型シャワー水栓

ホースを引き出して使え、大きな洗い物やシンクの洗浄も楽です。

※カートリッジの交換は有償となります。

参考写真

フィオレストーンキッチン天板

高級感あふれる独特の立体感と手触り、質感、光沢が魅力です。

※左から「オリーブロッシュ」(No.1・4・6・11に採用)、「アーモンドファッジ」(No.3・5・8・9・12・14に採用)、「クラシックブラウニー」(No.2・7・10・13に採用)

参考写真

シロッコファンレンジフード

吸引力が高く、ホーロー仕様で、高い洗浄性を誇ります。

参考写真

静音シンク

音の響きを低減させる幅広のワイドシンクです。

参考写真

キッチン収納

たっぷりしまえるキッチン収納により、家事スペースを効率的に使えます。

参考写真

床下収納

缶詰や調味料等の食料品や飲料品のストック場所として便利です。

S A N I T A R Y

参考写真

カウンター一体型洗面ボウル

デザインと機能性に富んだ仕様。継ぎ目がないので汚れにくく、お手入れも簡単です。

参考写真

シングルレバーシャワー水栓

手前に引き出して使えるので、洗髪やボウルを洗う際に便利です。

参考写真

洗面床下収納

洗面用品や洗剤などのストックに便利な床下収納を設けています。

参考写真

ヘルスメータースペース

体重計をすっきりしまうことができるスペースを、洗面化粧台の足元に設けています。

参考写真

TES浴室暖房乾燥機

乾燥・暖房・涼風・換気機能を備えた浴室換気乾燥暖房機を装備しました。

参考写真

プッシュワンウェイ排水口

ワンタッチで排水が行える、プッシュワンウェイ排水栓を採用しました。排水栓の開閉が手元で簡単に行えます。

くるりんポイ排水口

浴槽の残り湯を利用して排水トラップ内にうず流を発生させ、そのうずの力で排水口の汚れを付きにくくしました。

サーモバスS

快適な使い心地を損なうことなく節水を実現。お湯が冷めにくい浴槽保温材と保温組フタのダブル保温構造を採用しています。

A M E N I T Y

参考写真

エネルックリモコン

リモコン画面で現在のエネルギー使用量を確認でき、省エネの意識が高まります。

Low-E複層ガラス(全窓)

金属膜をコーティングし、断熱性能と日射熱軽減性を兼ね備えた複層ガラスを採用しています。

ウィンドキャッチ窓

プライバシーや防犯に配慮しながら、自然の風を住まいに採り入れる工夫がなされています。

※一部対応していない住戸があります。

参考写真

ロータンクトイレ

すっきりコンパクトなロータンクトイレ。大切な水を無駄なく賢く節約する、エコロジーでエコノミーな便器です。

参考写真

LED照明

全ての照明器具にLEDを採用。省エネルギーかつ長寿命なので、交換する手間も少なくて済みます。

S E C U R I T Y

参考写真

電気錠

リモコンキーをバッグなどに入れておけば、ドアに近づくだけで解錠する、ノンタッチスタイル。タッチモードへの切替も可能です。

参考写真

人感センサー(玄関ポーチ)

夜間に人が接近すると自動点灯するセンサー付きライトを設置。帰宅時の安全や防犯対策に配慮しています。

参考写真

保安灯

明るさを感知して自動的に点灯。足下を照らし、取り外せば懐中電灯としても使える保安灯を廊下に設置しています。

参考写真

電動シャッター(1階掃出し窓のみ)

1階掃出し窓に電動シャッターを設置。防犯だけでなく、窓を閉めたまま操作が出来るので、快適な室内温度を損なわず開閉が可能です。

ハンズフリーTVモニターインターホン

モニターを通して音声と映像で来訪者を確認できる、ハンズフリーの子機付きのTVモニター付きインターホンを採用。

参考写真

砂利敷外構

砂利の上を歩くと音がするので、高い防犯効果が期待できます。

全邸に東急セキュリティのホームセキュリティシステム

東急セキュリティのセキュリティシステムを導入。住戸内のセキュリティコミュニケーターを経由して侵入・火災・非常などの異常を東急セキュリティ管制センターへ自動通報し、お客様のスマートフォン等メールへ通知します。

※ホームセキュリティのご利用には、別途東急セキュリティ(株)との契約・費用が必要です。

未来を想う。環境に配慮した住まいであること。

酸素と水素を反応させて、電気と熱を同時に作り出す家庭用燃料電池「エネファーム」を全戸に採用※1。

自宅で発電しながら、同時に発電の際に発生する熱を給湯に利用できます。

エネファームでつくった電気とお湯を有効活用

エネファームは、発電機能と給湯・暖房機能をもつシステムです。

エネファームがつくった電気とお湯は、家の中に送り出され、暮らしに活かされます。

CO2の排出や光熱費を効果的に抑えてくれます。

「ファインコート」は、「建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律(建築物省エネ法)」の省エネルギー基準※2を満たし、さらに省エネルギー性能に優れた住宅トップランナー基準※3にも適合しています。こうした優れた住宅性能に加え、「エネファーム」によりCO2排出量の大幅な低減に貢献しています。

*ご使用状況等により削減量は異なります。

新しい住まいで、新しい暮らしを存分に楽しみ、先進の設備や機能をフルに使って便利さを享受しながらも、気がつけば電気代の節約ができていて、経済的なメリットを得ることができる。それが「ファインコート」と「エネファーム」の目指す新しい住まいです。

*ご使用状況によりメリット額は異なります。

*機器費、工事費は年間光熱費削減効果の算出にあたって考慮に入れておりません。

※1:東京ガス供給区域のみ。平成26年3月時点で設計を開始している一部の物件より、順次開始しています。※2:自己評価です。建築物省エネ法に定める「建築物エネルギー消費性能基準」のこと。※3:トップランナー基準(住宅):次世代省エネルギー基準を満たしたうえ、2008年度時点での一般的な設備(エアコン・照明・給湯器など)を備えた住宅に比べ、エネルギー消費量をおおむね10%以上削減することが求められます。※4:【東京ガス試算】従来システムとの比較。○年間負荷/給湯:16.6GJ、風呂保温:1.3GJ、調理:2.2GJ、冷房:10.6GJ、床暖房:8.9GJ、エアコン暖房:5.2GJ、照明他:11.3GJ○電力需要/年間4,008kWh(従来システムの場合)○使用機器/従来システム:ガス給湯暖房機、エネファーム:エネファーム、共通事項:居間の暖房はガス温水床暖房と電気エアコンを併用、居間以外の暖房及び冷房は電気エアコン、ガスコンロを使用、太陽光発電システムは併設なし。※5:○CO2排出係数/電気0.65kg-CO2/kWh(『地球温暖化対策計画(2016年5月)』における2013年度火力平均係数)、ガス2.29kg-CO2/㎥(東京ガスデータ)※6:○年間1万km走行時の場合○ガソリンのCO2排出量:2.32kg-CO2/ℓ(環境省「算定・報告・公表制度における算定方法・排出係数一覧」2016年7月時点データより)○燃費:ハイブリッド車40.8km/ℓ、ガソリン車18.0km/ℓ(国土交通省「自動車燃費一覧」2016年3月時点データより)※7:【東京ガス試算】従来システムとの比較。○年間負荷/給湯:16.6GJ、風呂保温:1.3GJ、調理:2.2GJ、冷房:10.6GJ、床暖房:8.9GJ、エアコン暖房:5.2GJ、照明他:11.3GJ○電力需要/年間4,008kWh(従来システムの場合)○使用機器/従来システム:ガス給湯暖房機、エネファーム:エネファーム、共通事項:居間の暖房はガス温水床暖房と電気エアコンを併用、居間以外の暖房及び冷房は電気エアコン、ガスコンロを使用、太陽光発電システムは併設なし。○ガス料金/従来システム:「家庭用ガス温水床暖房契約《暖らんぷらん》」*適用。エネファーム:「家庭用燃料電池契約、床暖割《エネファームで発電エコぷらん、床暖割》*適用○電気料金/従来システム、エネファームともに従量電灯B適用、契約アンペア40A。東京電力エナジーパートナーの従量電灯B契約の2019年11月時点の燃料費調整および再生可能エネルギー発電促進賦課金を適用。*2019年11月時点の原料費調整を適用。群馬南地区、四街道12A地区、東彩ガス地区、東日本ガス地区、日本瓦斯真岡地区には対象メニューはございません(2019年11月時点)。尚、対象地区が変更になる可能性がありますので、詳細はお問合せください。※8:○記載の数値は定格消費電力の目安です。実際の消費電力は製品の機種や使用方法によって異なります。また、種類によっては、瞬間的に発電電力を上回る電力負荷がかかることがあるため、消費電力にかかわらず使用できないことがあります。○停電してから自動で停電時専用コンセントおよび熱源機へ電気の供給を開始します(最大使用量約400W)。○最大使用量は、熱源機の消費電力と停電時専用コンセントからの消費電力の合計です。○発電電力が400Wになるまで5分から30分かかります。○熱源機の多くの機能をお使いになると、停電時専用コンセントでご使用いただける消費電力は少なくなります。○エネファームミニが発電していない時に停電になった場合は停電時発電継続機能は使用できません。詳しくは取扱説明書をご覧ください。○ガスの供給が停止している場合は、エネファームミニも停止します。○断水時は給湯は使用できません。○最大使用量を超えると供給が停止しますので、再開する場合はリモコン操作を行ってください。○停電復旧時は自動で通常運転に戻るため、停電時専用コンセントからも供給は止まります。※9:停電時の累積発電時間を500時間として設計しています。※10:サポート制度は、東京ガスと《エネファームで発電エコぷらん》等の料金メニューで都市ガス需給契約を締結いただき、エネファームを家庭用途でお使いのお客さまに対してご用意するメニューです。東京ガス以外と都市ガス需給契約を締結した場合、サポート制度の提供を終了させていただき、サポート制度で無償となる故障修理などの費用は、お客さまのご負担となります。サポート証の記載に従い有償になる場合には、故障修理に数千円〜数十万円の費用が必要となります。なおサポート制度を開始するには、「承諾(申込)書」のご提出が必要です。燃料電池ユニットとリモコンについては、2年間のシステム保証とその後のサポート制度により、10年間修理等を無償で対応いたします。燃料電池ユニットと同時に設置した熱源機・追いだき配管・端末ユニットについては、システム保証により2年間修理等を無償で対応いたします。サポート期間以降は、有償対応となります。継続使用点検(設置後10年以降に発生)はサポート制度の対象外となり、有償(目安金額で約16万円(税抜き))となります。