《充実の施策》注目を集め、共感を呼ぶ、流山市のPRと施策。全国で初めてマーケティング課を設置して、子育てや教育、多彩なイベントなど充実の行政について積極的にPRする流山市。その取組みは全国でも注目を集めました。そして、多くの共感を呼び、流山市の人口も大きく増加しています。

各駅停車でも快速とほぼ変わらない都心アクセス。

住み続けたい80.5%

「ながれやま まちづくり達成度アンケ-ト平成26年度」の結果によると流山市にお住まいの方で今後も住み続けたいと答える方が80.5%いました。その理由は、「周辺の住環境がよい(44.3%)」、「交通の便が良い(43.6%)」と続きます。
都心から最速20分でありながら人口一人当たりの公園数首都圏NO.1、そしてその魅力を維持する「流山グリーンチェーン戦略」などの施策が満足度として表れています。

10年で1万人増加。人口増加率千葉県NO.1。

平成17年と比較すると、流山市の人口は1万人以上もアップ。また「流山市に住みたい」と考え、転入する人も数多いとの結果がでています。実際に他の市などから流山市を指名して移り住んできた人も増えています。

《子育て環境》共感を生む、働きながらの子育てを支援する多くの支援・サポート。流山市では、働きながら子育てができるよう共働き家族へ嬉しい、手厚い支援やサポート制度を敷いています。さらに英語教育に力を入れるなど教育環境の充実なども同時に実施。そうしたことが多くの共感を呼んでいます。

流山市で子育てがしたい。子どもが生みたい。そう思う方が増えています。

子育て世代からの支持は、数字にも表れています。年齢別人口の推移を見てみると子育て世代や子どもの数の増加がひと目でわかります。流山市の魅力が多くの家族を惹き付けています。

敷地内に認可保育園をへ併設予定。子育てを応援する「パークホームズ流山セントラルパーク」。

「みんなで子育て」。流山市の子育てサポート。

流山市は、市内に20以上の子育て関連施設があるほか、公民館でも親子、父母向けの多彩な催しを開催しています。子育て中のパパ・ママの疑問や不安を話し合い、交流できる場を数多く設けています。

子育て家族のことを考えた多彩な支援。

敷地内に認可保育園をへ併設予定。子育てを応援する「パークホームズ流山セントラルパーク」。

英語教育の実践など教育環境も充実。魅力ある流山市の教育。

「学ぶ子にこたえる、流山市」の理念のもと、魅力ある流山市の教育を推進するため、
英語教育の強化などより良い学びの環境づくりを進めています。

18.3.22
★先着順販売住戸 申込み受付中★ 販売住戸の価格はこちらからご覧ください!
18.2.16
★ 現地モデルルーム開設のお知らせ ★ ※レジデンシャルサロンは閉設いたしました。ご見学等でお越しの方は建設現地までお越しくださいませ。