街区デザイン

現地街並み(平成29年12月撮影)

木々の緑が、街と住まい、人と人を繋ぐ。
約18.5ヘクタールもの広大な公園へと連なる「公園街区」をデザイン。

この街の開発の根底には、公・民・学連携のもと次世代環境都市の形成を目指す
「柏の葉国際キャンパスタウン構想※1」の理念があります。
その実現に向けた目標のひとつに掲げられている「環境と共生する田園都市づくり」と「質の高い都市デザイン」、
そしてファインコートに息づく、周辺環境との美しき調和を目指す「街づくり」の思想。
これらをカタチにするべく、現地南面の「こんぶくろ池自然博物公園」と一体になった「公園街区」をテーマに、
街並をデザインしています。

※1「公・民・学連携による国際学術研究都市・次世代環境都市=柏の葉国際キャンパスタウン」を理念に、千葉県・柏市・千葉大学・東京大学の四者によって策定された構想。自然と共生し、質の高いデザインを実現した持続性の高い次世代の環境都市づくり、そして市民や企業、自治体と最先端の大学や公的研究機関が双方向に連携・交流する中で、新たな産業や文化的価値を創造していく都市づくり、さらには地域に暮らす全ての人々が大学と係わりを持ち、創造的環境の中で環境に優しく健康的なライフスタイルを実現できる都市づくりを目指すものです。

数々の実績を有する「匠」が総力を結集。

プランデザイン
稲垣 秀晃 氏
稲垣 秀晃
HIDEAKI INAGAKI
I/Design

本プロジェクトは土地の条件も良く、区画ごとの面積も広い。また「これまでにないものを創りたい」との要望を受けたこともあり、通常の建売住宅ではなかなか見られない設計も数多く取り入れています。忙しい中でも自分の時間を大切に、従来の住まいでは叶えられなかったようなライフスタイルを実現していって欲しい。そのような想いを込めて、プランニングしました。

代表実績
ファインコート吉祥寺北町[分譲済]
ファインコート市川八幡五丁目[分譲済]
ファインコート目黒[分譲済]
グッドデザイン賞受賞
ランドスケープ・外構デザイン
堀井 光雄 氏
堀井 光雄
MITSUO HORII
堀井設計室

現地に面する「こんぶくろ池自然博物公園」、その「芝生の広がりとシンボリックな立木」という構図を外構造園計画に取り込みました。一方で「柏の葉キャンパス」の街全体における景観の一体感にも配慮するべく、駅前街区との連続性も意識してデザイン。植栽計画においても、周辺で多く見られる樹種や柏市の花・シバザクラなどを要所に配置しています。

代表実績
ファインコート目黒[分譲済]
グッドデザイン賞受賞
ファインコート石神井公園マスターズコート[分譲済]
ファインコート石神井公園スカイライトコート[分譲済]
内装デザイン
小西 玲子 氏
小西 玲子
REIKO KONISHI
CoSH design

圧倒的に豊かな緑とつながり、共生するゆとりあるプランニング。そんな、ここでしか出会えない新しい街に似合う、木や石などの自然素材のもつ温かみや、落着きある配色を大切にしました。外装に施した素材をインテリアアクセントにも取り入れ、内と外の一体感にも配慮しています。

代表実績
ファインコート一橋学園コモンズ[分譲済]
グッドデザイン賞受賞
ファインコート井の頭公園[分譲済]
ファインコート三鷹プレイス[分譲済]

豊かな自然環境との調和にも配慮した、一体感のある街並み。

アイトップツリー・メインツリー
  • コブシ
    コブシ
  • イロハモミジ
    イロハモミジ
  • サルスベリ
    サルスベリ
サブツリー・アクセントツリー
  • ジューンベリー
    ジューンベリー
  • コナラ
    コナラ
  • ソヨゴ
    ソヨゴ
アクセントツリー・中木類
  • マンサク
    マンサク
  • テルテモモ
    テルテモモ
  • レッドロビン
    レッドロビン
低木・地被類
  • ロウバイ
    ロウバイ
  • シバザクラ
    シバザクラ
  • フイリヤブラン
    フイリヤブラン
※掲載の植栽写真は全て参考写真です。

A沿道の緑化帯が創り出すカーブによって、
走行する車の速度を抑えると共に通過交通を抑制。

区画内道路には、一部特殊道路を除き約6.0mの幅員が確保されています。その道路沿いの随所に緑化帯を設けることで、区画内を走行する車の速度を自然に低減。加えて自動車の交通容量が減るため、無関係な車の通過交通を抑制することができます。

敷地配置イラスト
敷地配置イラスト
敷地配置イラスト
敷地配置イラスト

B視覚的にも速度抑制を
促す道路化粧舗装。

車が通行する部分をアスファルト舗装で確保しながら、緑化帯によるカーブを強調するように化粧舗装を施し、視覚的にも速度抑制を促しています。

敷地配置イラスト
敷地配置イラスト
敷地配置イラスト
敷地配置イラスト

C交差点化粧舗装に
よって安全性を向上。

交差点を渡る方に対して自動車の通行する部分を示し注意を促すため、区画内の交差点には道路部分と異なった化粧舗装を施しています。

敷地配置イラスト
敷地配置イラスト

D外構廻りと道路沿いの植栽によって厚みのある緑を生み出し「こんぶくろ池自然博物公園」との繋がりをより強固に。

一般の住まいでは住宅の敷地と道路は明確に仕切られていますが、本プロジェクトでは外構廻りの植栽と道路沿いの緑化帯によって住まいと道、街区全体を繋ぐ厚みのある緑を創出。「こんぶくろ池自然博物公園」との結びつきも、より強く感じていただけるはずです。

こんぶくろ池自然博物公園
こんぶくろ池自然博物公園
こんぶくろ池自然博物公園
[徒歩1分・約10m]

この街、この場所だからこそ描きたい佇まい。

外観完成予想CG
現地街並み(平成29年12月撮影)
先進の街にふさわしいモダンさと、
緑に調和する穏やかさを求めて。

外観デザインで目指しているもの、それは柏の葉の街づくりに息づく理念と、ファインコートに込められている思想の体現です。描き出したのは街の先進性を表したモダンさ、そして周辺の豊かな自然環境と調和する穏やかさを兼ね備えた、美しき佇まい。一邸ごとに個性あるフォルムとしながらも、落ち着いた色調で統一することで、ひとつの街並としての一体感も高めています。

外構部使用面材
外構部使用面材
外構部使用面材
※掲載の現地街並み写真は、平成29年12月に撮影したものです。 ※掲載の環境写真は、平成29年5月に撮影したものです。 ※掲載の敷地配置イラストは、計画段階の設計図と現地周辺航空写真を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。 ※掲載の外構部使用面材写真は計画段階のもので、今後変更になる場合があります。また、ご覧になる環境の都合上実際とは異なります異なります。 ※徒歩分数表示については80mを1分として算出(端数切り上げ)したものです。
17.12.11
第2期 建物案内会 開催予定<予約制>
17.12.11
日時・場所:平成30年1月13日(土)より 「柏の葉ライフミュージアム(案内図参照)」にお越しください。
17.12.11
販売戸数:4戸 販売予定価格(税込):5,500万円台(1戸)~6,200万円台(2戸)※100万円単位