パークホームズ札幌大通東 ザ レジデンス
資料請求 来場予約 物件概要 現地案内図

現地案内図

札幌市営地下鉄東西線「バスセンター前」駅から ご来場の際はエレベーターをご利用いただける8番出口が便利です。 ・・・・・・現地までのルート

「パークホームズ札幌大通東 ザ レジデンス」現地販売センター

フリーコール0120-312-711

営業時間
10:00~18:00
定休日
水・木曜日

Copyright © Mitsui Fudosan Residential Co.,Ltd. All Rights Reserved.

三井不動産レジデンシャル

基本構造

地盤調査

確かな強さを備えた地盤、建物の荷重をしっかりと地盤に伝える基礎があって初めて、建物はその強度を発揮します。当マンションは事前に、敷地調査とボーリング調査、標準貫入試験などの地盤調査を実施しています。

基礎の構造(独立基礎)

基礎は建物の荷重を直接受け支え、支持地盤に伝達する最下部の構造体。当マンションでは、建物の荷重を直接支持地盤で支える独立基礎を採用しています。

溶接閉鎖型せん断補強筋

建物の主要な柱の帯筋※に継ぎ目を溶接した、溶接閉鎖型のせん断補強筋を採用。現場加工の帯筋よりも、せん断力や圧縮力に対して、ねばり強く抵抗します。

※帯筋とは:鉄筋コンクリート柱の主筋を一定の間隔で水平方向に巻く鉄筋。せん断補強の役割のほか鉄筋のはらみ防止の役割を果たす鉄筋で、フープともいいます。 *地中梁との仕口部除く

鉄筋コンクリートの劣化対策(かぶり厚さ)

コンクリートの中性化が極度に進むと、コンクリートの中の鉄筋は錆びやすくなります。鉄筋が錆びると膨張し、コンクリートの破損の原因になります。これを防ぐために鉄筋を包むコンクリートの厚さ「かぶり厚さ」を適切に確保します。

高強度コンクリートとは

最大で設計基準強度42N/㎟を用いた高強度コンクリートを採用しています。

*コンクリートの性質上、乾燥収縮や温度変化による伸縮に伴うひび割れが発生する場合があリます。
(一般的に構造上の問題はありません)
*杭・工作物・付属物・立体駐車場ピット(屋外)および外構部分のコンクリートを除く、建物本体部分の柱・梁・スラブといった構造躯体のみ

コンクリートの品質

コンクリート耐久設計基準強度(構造物および部材の供用期間に応じた耐久性を確保するために必要とする圧縮強度※1)の概念を導入し、柱梁といった構造躯体については設計基準強度を27N/㎟※2以上とし、一部には最大42N/㎟※3の高強度コンクリートを採用しています。

※圧縮強度とは:圧縮荷重によって試科が破断する時の最大応力のこと。(応力:物体に外力が加わる際、その物体内部に生ずる抵抗力)
※2 7N/㎟とは、1㎡あたり約2,700トンの圧縮に耐えられる強度を意味しています。
※3 42N/㎟のコンクリートは主に基礎~4階の床に採用されています。
*立体駐車場ピット(屋外)および外構部分のコンクリートを除く、建物本体部分の柱・梁・スラブといった構造躯体のみ。

防災対策

災害発生時から救助救急時まで、トータルで備える 入居者さまの安全・安心を守るため、
災害発生時の行動手順を体系化した備品を共用部に用意

防災備品を収納した防災備蓄倉庫を、1階に設置しています。この防災備品は共助に必要な備品を中心に取り揃えています。
また、各トランクルームにも防災備品を設置し、内部照明も脱着式とし災害時にも役立ちます。
合わせてエントランスラウンジを災害対策拠点とし、お住まいのみなさまが共助活動を行う場所としています。

共用部

災害発生時を想定し、「一時しのぎ」「情報収集」「救命救急」の観点で整理。
災害発生時には、災害対策拠点を1Fエントランスラウンジに設けることを想定。

● 1F防災備蓄倉庫内の主な防災備品<一例> *写真は全て参考写真です。

一時しのぎ
情報収集
救命救急
電力の確保
防災備品として、1Fの防災備蓄倉庫に用意しているカセットガス発電機(エネポ)で電力の確保を行い、共用部の必要照明(エントランスラウンジ/各階EVホール/階段)を点灯、さらに非常時用コンセントも、1F/5F/9F/12Fに設置しています。*使用時間は限りがあります。

トイレ(給水)の確保
共用部1階への給水は、水道本管から給水ポンプを経由しない直結給水を採用。災害時に万一給水ポンプが停止しても、消火水槽から手動ポンプで一定量の水をバケツに汲み出し、排水用として使うことが可能です。 *内外部のインフラ状況等により使用できない場合があります。
*水には限りがあります。

専有部

いざという時の身の安全を守るもの、避難に役立つものなどを標準装備。

耐震ドア枠
地震時の躯体変形が、玄関扉の開閉に支障をきたさないよう玄関には地震によって玄関の枠が変形しても扉が開くよう、耐震ドア枠を採用しています。
足元停電灯
停電すると同時に自動点灯します。非常時は、コンセントから取り外して常用電源と乾電池の切り換えができる携帯電灯として使用できます。明るさセンサーにより暗くなると点灯する設定が可能なので、夜間の足元灯としても使えます。
キッチン吊戸棚耐震ラッチ・棚板脱落防止用ツメ
地震の揺れで扉が開いて、中のものが飛び出さないよう、キッチンの吊戸棚の扉※1 に耐震ラッチ※2 を設置。またキッチン吊戸棚の棚板には、水平方向の大きな揺れにも動きにくく、棚をしっかりと固定する棚板脱落防止用のツメを設けています。
PAGE TOP
20.1.14
1月18日19日土日限定!資金計画相談会開催!マンションご購入に際しかかる税金や諸費用についてご案内いたします。また、資金計画を組み立て、様々なパターンのお支払いなどをご相談いたします。