DESIGN

エントランス(2018年6月撮影)

歴史を紡ぎ、自然と融け込む意匠。

織物を紡ぐように、この地の歴史を継承し、
その中で自然を享受するためのデザイン。
青葉通(約10m)と西公園(約70m)の緑を見守ってきたこの地の歴史と、
移ろいゆく自然の変化を感じられる空間を創造しました。

ラウンジ(2018年7月撮影)

ラウンジ(2018年7月撮影)

外界の光景にふれる、和みのラウンジ。

天井までのびたガラスの開口部は、
光溢れる外界の景色を映すおおらかな空間を演出。
大理石を門型に構成した格式あるシンメトリーな空間に、
木調の素材感が、洗練された温かさを醸し出します。

〈共有空間デザイン〉
株式会社フィールドフォー・デザインオフィス

代田 哲也

2012年に「豊洲キュービッックガーデン」がグッドデザイン賞をはじめ、JDCデザイン賞銀賞、
SDA賞奨励賞を同時に受賞。

〈共有空間デザイン〉
株式会社フィールドフォー・デザインオフィス
代田 哲也 氏
エントランスホール(2018年6月撮影)

エントランスホール(2018年6月撮影)

仙台の四季を永遠に刻む、迎賓の思想。

かつて伊達藩の迎賓館「御外人屋」として刻んだこの地の歴史に注目し、
おもてなしの心を共用空間のデザイン計画に昇華しました。
エントランスからの歩みを真正面に迎え入る
ウェルカムウォールは、端正な木組みの格子パターンが
温かく人々を迎え入れ、その奥に設置されたアートには、
仙台の四季や広瀬川の流れが美しく刻まれています。

アート完成予想図(作家:橘 智哉)

〈共有空間アートディレクション〉
株式会社アソシエイテッド・アーツ

等 徹彦

アートと環境をテーマに、都市・建築・企業・オフィス・居住空間におけるアート計画および
プロデュースを数多く手がける。

〈共有空間アートディレクション〉
株式会社アソシエイテッド・アーツ
等 徹彦 氏
  • ※ラウンジ(2018年7月撮影)、家具・調度品・照明等は販売価格には含まれておりません。共用施設の使用にあたっては、管理規約などに従っていただきます。
  • ※共用部分の使用については管理規約に従っていただきます。共用部の家具・調度品・アート作品等は変更となる場合がございます。

モデルルーム公開中

事前にご予約いただくとスムーズにご案内できます

close

ページトップへ

19.10.25
【秋の紅葉見学会開催】 実際のお部屋から西公園の紅葉・眺望を見学できます。