パークホームズLaLa名古屋みなとアクルス
来場予約 資料請求 現地・サロン案内図

現地・サロン案内図

パークホームズLaLa名古屋みなとアクルスレジデンシャルサロン

0120-321-268

営業時間
10:00〜17:00
定休日
水・木(祝・祭日を除く)

Copyright © Mitsui Fudosan Residential Co.,Ltd. All Rights Reserved.

三井不動産レジデンシャル

物件概要

防 災防災への取り組み

Image photo

電力と通信ネットワークを構築した
中部圏初となるCEMSを導入。

みなとアクルスでは、ガスコージェネレーション、大型蓄電池(NAS電池)、太陽光発電、運河水熱利用などを組み合わせ、都市再開発では中部圏初となる電気・熱・情報のネットワーク「CEMS(コミュニティ・エネルギー・マネジメント・システム)」を構築。「エネルギーセンター」から「パークホームズLaLa名古屋みなとアクルス」、「ららぽーと名古屋みなとアクルス」、「邦和スポーツランド」、「邦和みなとゴルフ」、「チェリー」などに専用線を通じてガス・電気・熱を一括供給しています。

出典:みなとアクルス公式サイト

スマートエネルギーシステム
※1:東邦ガスとガス使用契約を締結しているお客様で、東邦ガス・発電余剰電力買取規約(みなとアクルス)をご承認の上、お申込みいただく必要があります。その他、お申込み条件がございますので、詳しくは「パークホームズLaLa名古屋みなとアクルスの入居者様限定「エネファームtypeS」発電余剰電力買取のご案内」をご確認ください。
※2:停電発生時、「エネファームtypeS」が発電していた場合のみ最大700wの発電を継続します。断水時には使用できる発電量を抑制したり、出力が不安定になることがあります。また、貯湯タンク内の水の残量が少なくなると機器保護のため運転を停止します。発電継続可能時間は機器の状況および使用状況により異なります。停電時に発電継続する700wにはエネファーム専用暖房給湯器、凍結予防運転に必要な電力も含みます。

全戸にエネファームとHEMSを設置した
「パークホームズLaLa名古屋みなとアクルス」。

全戸で電気をつくるエネファームとエネルギーを「見える化」する「HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)」標準装備。日々の電力使用量・エネファーム発電量が光BOX+でご覧いただけます。

エネファーム

まちのエネルギーをつくりながら、
大切に管理する「エネルギーセンター」。

「エネルギーセンター」では、太陽光発電、バイナリー発電機、天然ガスコージェネレーションシステム、木質バイオマス電力などによる創エネと蓄電。エリア内のエネルギーの地産地消で効率よく、エネルギーをコントロールしています。

●「ららぽーと名古屋みなとアクルス」、「エネルギーセンター」は、災害発生時の津波避難ビルに認定されています。

●災害時は「エネルギーセンター」から「パークホームズLaLa名古屋みなとアクルス」の共用部に電力が供給されます。

「パークホームズLaLa名古屋みなとアクルス」も
万一に備えて積極的に取り組んだ防災対策。

Smart Safety
盛土・基礎概念図

約2mかさ上げした建築計画※1

津波などのハザード情報に基づいて、地盤面より約2mかさ上げして建築工事を行っております。

液状化対策として地盤改良を実施

地震時の液状化対策として、エントランス・ピロティ部および受水槽・ポンプ室・キュービクル置場部分に地盤改良を施しています。

電気・ガスは専用線により供給

電気、ガスは、エネルギーセンターから直接専用線により引き込み、万一の際も共用部の停電、ライフラインの分断を抑制します。

停電時専用コンセント

万一の停電に備え、各住戸に停電時専用コンセント(キッチンカウンターのダイニング側に設置)を設置しています。

停電時専用コンセント

火災発生時も警報で速やかに通報

キッチン、居室等に火災感知器を設置。火災を感知すると、リビング・ダイニングのカラーモニター付インターホン(住宅情報盤)が警報を発し、管理事務室に火災発生住戸ナンバーを表示すると同時に、三井不動産レジデンシャルサービス「お客様センター」と警備会社へ通報します。また、火災発生住戸の玄関ドアホンが報知鳴動します。その後、出火階と直上階のカラーモニター付インターホン(住宅情報盤)と1階共用部に設置した火災報知スピーカーが鳴動します。
  • 地震時に住戸内に閉じ込められないよう耐震ドア枠を設置。

    地震時の躯体変形が、玄関扉の開閉に支障をきたさないよう地震によって変形しても扉が開くよう、耐震ドア枠を採用しています。

  • 地震時には、最寄り階に自動着床する管制運転付エレベーター

    エレベーターには地震管制装置と火災管制装置を装備。停電時には最寄り階に自動着床します。さらに天井の停電灯が点灯するとともに、停電時でも作動するインターホンで外部と連絡をとることができます。

  • 万一に備えて各家庭では準備できない工具等も防災倉庫に保管

    防災備品を収納した防災備蓄倉庫を設置しています。防災備品には共助に必要な備品を中心に取り揃えております。

19.10.15
最終期モデルルーム公開中!!ーモデルルームをスムーズにご見学いただけるようご来場予約を承っておりますー
19.10.7
10月22日(火・祝日)、10月28日(月)13時以降は臨時休業とさせていただきます。