デザイン・ランドプラン デザイン・ランドプラン

デザイン・ランドプラン

京町堀に耀きを放つ新たな個性

三井不動産レジデンシャルのコンパクトレジデンス「パークリュクス」大阪第一号として理想を追求した地に、
印象的な外観美とこだわりの空間設計を追求。
需要の高まりが期待できる京町堀の賃貸マーケットにとって、
「パークリュクス」の誇る高いクオリティは新たなインパクトとなることでしょう。

緑の街に際立つ、都市生活の新たなシンボルへ。 緑の街に際立つ、都市生活の新たなシンボルへ。

  • 外観完成予想図
  • 靱公園の緑や水辺の潤いあふれる街並みにひときわ映える都市的デザイン。

    都心にありながら緑豊かな公園を享受できることは、都市生活における大きな贅沢のひとつ。その代表格ともいえるニューヨーク・セントラルパーク周辺の街並みの魅力は、ガラスやタイルからなる洗練された都市景観と生命感あふれる自然美、その「対比」にあると考えます。本計画も緑の多い靱公園に対し、あえて強く対比させるべく、デザインの方向性を穏やかさではなく、よりモダンで都市的なイメージに。さらに、市松模様など「京町」に由来するモチーフも採用。都市生活を上質でラグジュアリーに演出する建築美は、靱公園のケヤキのようにこの街のシンボルとなり、魅力ある住まいとしてこの地に佇みます。

    洗練されたモダニズムを印象づけるガラスボックス型のバルコニー。

    バルコニーのスラブ先端までガラス手摺で覆うことにより、より軽やかな印象とし、モダンなデザインとしました。

    タイルをはじめ、上質な素材を贅沢に駆使。

    ホワイトベージュの45二丁掛タイルを贅沢に使用。モダンなガラスが都市イメージを増幅させ、緑と対比する洗練された都市景観を描きます。

  • 市松模様で「京町」の地域性を表現。

    2種類の45二丁掛タイルを伝統的な市松状にレイアウトすることで、かつての「京町」を想起させるようデザインしました。メインアングルとなりうる南面のファサードに繊細な表情を与え、街並みに美しさへのこだわりを物語ります。

  • 外観タイル
  • モダンな中に「京町」の趣を醸し出すエントランスホール。

    エントランスは通りから奥まった位置にあり、中を見通しにくいプライバシー重視の設計に。建物と外構のバッファー(緩衝)となる縦格子のルーバーをエントランス内部に引き込み、「京町」を想わせる気品ある表情で内外を結びます。同時に、ルーバーはブラウン系の金属仕上げとし、モダンな印象も与えました。エントランス正面の壁には、ケヤキの樹皮をモチーフとした化粧パネルを設置。外部の自然を取り込むように空間を彩り、住まう方に安らぎを感じていただけるようデザインしました。

  • エントランスホールタイル(壁)エントランスホールタイル(床)

エントランスホール完成予想図

  • 数々の建築物を手掛ける(株)IAO竹田設計による設計。

    集合住宅はもとより、ホテル、オフィスビル、教育施設、商業施設まで。首都圏や近畿圏のほか、海外でも多数の建築物を手掛ける(株)IAO竹田設計を設計に起用。コンパクトレジデンスにも高いクオリティを追求する、三井不動産レジデンシャルの設計思想の証です。

  • 江戸堀センタービル[大阪市](1996年竣工)パークホームズ堺町御門[京都市](2014年10月竣工)八光心斎橋 AIR Bldg.[大阪市](2006年3月竣工)

靱公園、京町堀の恵みを受けとめて佇む。 靱公園、京町堀の恵みを受けとめて佇む。

  • 大通りから控え、公園に近い、穏やかな地。

    主要道路の「なにわ筋」から西に1本奥まった、都心の中の静域といえるロケーション。
    徒歩2分の靭公園以外にも、多目的広場や子ども用遊具、大人用の健康器具も備えた「花乃井公園」にも徒歩2分。
    憩いのスペースに事欠きません。ゆとりと潤い溢れる住環境の中に本計画は佇みます。

  • MAP

三宝角地を巧みに利用し、ゆとりと潤いに加え解放感をさ醸す。 三宝角地を巧みに利用し、ゆとりと潤いに加え解放感をさ醸す。

南・東・北に接道する三方角地との出逢いが、本計画の魅力の源泉です。開放的で整った形状の敷地を活かして、オープンスペースをゆったりと確保。多彩な植栽によって、この閑静な住環境を彩る都市の暮らしの季節感を演出します。

  • ランドプランイラスト
  • ランドプラン特長

    ランドプラン特長 ランドプラン特長

    靱公園のメインツリー、ケヤキを配した植栽計画。

    靱公園を象徴するケヤキ並木から連想し、敷地南側にムサシノケヤキを植栽。その高い樹高が、市松模様で壁量のある南面ファサードに呼応し、建物全体の存在感を力強く主張します。アプローチの中央にはヤマザクラを配置。靱公園の情景を敷地内に取り込み、四季折々の美を住まう方に届けます。東側の植栽帯には樹形の美しい高木を、落葉樹・常緑樹を織り交ぜて植え込み、自然の景観を演出。地被類で覆ったアンジュレーションが建物外観のモダンさを継承しています。また、駐車場の舗装に平ピン石風模様を施し、外壁の市松模様と一体となってこの地を彩ります。

    ケヤキ
    ヤマザクラ
    シラカシ
    カツラ

※掲載の外観完成予想図は設計図を基に描き起こしたもので実際とは異なります。なお、外観形状の細部、設備機器等は表現しておりません。また、敷地周囲の電柱、標識、ガードレール等につきましても再現しておりません。この完成予想図で表現されている植栽は竣工から初期の生育期間を経た状態のものを想定して描いております。竣工時は植物の育成を見込んで必要な間隔をとって植えております。共用部の利用については管理規約に従っていただきます。予めご了承ください。

※掲載のランドプランイラストは、設計段階の図面を基に描き起こしたもので実際とは異なる場合がございます。

※掲載のエントランスホール完成予想図は設計段階の図面を基に描き起こしたもので、形状・色等は実際とは異なります。共用部の利用については管理規約に従っていただきます。予めご了承ください。

18.1.15
女性スタッフによる「初めてのマンション購入相談会」開催(女性のお客様限定・予約制)
17.12.15
第2期モデルルーム公開中