共用部デザイン

エントランスアプローチ

エントランスアプローチ(2019年4月撮影)

上質な生活価値を求め、
高いプライベート性を確保した私邸。

敷地配置イラスト敷地配置イラスト
敷地配置イラスト 敷地配置イラスト

計画地の面影を継ぐ
エントランスホール、
アートホール。

エントランスホールには、従前地に残された黒松をアートワークとして継承。
シンメトリーに配した空間の安定が、より深い静穏を生み出します。
また、その奥に設えたアートホールにもアートワークを設置。
ソファーで寛ぎながら美術品を愛でるような、優雅な空間を目指しました。

エントランスホール(2019年4月撮影)エントランスホール(2019年4月撮影)

エントランスホール(2019年4月撮影)

アートホール完成予想図アートホール完成予想図アートホール(2019年4月撮影)

御影の景を写した
ロビーラウンジ

六甲の美しい滝の流れを想起させる、ガラスウォールを設えたロビーラウンジ。
アートホールからの静穏が緩やかに切り替わり、まるで水がきらめき、
その流れる音さえも聞こえてくるような表情を見せます。
御影の景をデザインに取り込んだ、粋のある空間に仕立てました。

ロビーラウンジ(2019年4月撮影)ロビーラウンジ(2019年4月撮影)

ロビーラウンジ(2019年4月撮影)

※掲載の写真は2019年4月に撮影したものです。 ※掲載の敷地配置イラストは設計図書及び、周辺環境写真を基に描いたもので、形状・色等は実際とは異なります。施工上の都合、行政官庁の指導等により変更が生じる場合があります。なお、外観形状の細部、設備機器等は表現しておりません。植栽は竣工から育成期間を経た状態のものを想定して描いております。
※共用部の家具・調度品・アート作品等は変更となる場合がございます。
※共用施設のご利用は管理規約等に従っていただきます。

21.3.22
当サロンは通常どおり営業をいたしております。今後も、お客様と弊社営業スタッフの安全配慮ならびに感染防止策の徹底に努めてまいります。
21.1.9
新型コロナウィルス感染拡大防止のため、完全予約制でのご案内となります。あらかじめご了承ください。