パークコート白金長者丸
物件エントリー 現地案内図

現地案内図

パークコート白金長者丸レジデンシャルサロン

品川区上大崎2-7―25

0120-321-842

営業時間
11:00~17:00
定休日
水・木・日曜日

Copyright © Mitsui Fudosan Residential Co.,Ltd. All Rights Reserved.

三井不動産レジデンシャル

物件概要

都 市 と 美 し い 自 然、

邸 宅 街 が 広 が る エ リ ア。

JR山手線の内側にありながら、国立科学博物館附属自然教育園の緑陰に包まれた、穏やかな時を刻む場所。

周囲に、美しく洗練された都市風景が広がる、恵比寿、目黒、白金といった街を背景にしながら、知る人ぞ知る静謐の邸宅地として古くからあり続けるのが、「白金長者丸」と呼ばれるエリアです。

都心の華やかな景色を間近に、自然の安らぎと静かな住環境がクロスする、まさに秘蔵の地がここにあります。

現地周辺の航空写真(2020年9月撮影)

エリア概念図

洗練された雰囲気が漂うプラチナ通りも人気。

国立科学博物館附属自然教育園なども点在する文化的なエリア。

1 プラチナ通り(約1,150m/徒歩15分) 2 国立科学博物館附属自然教育園(約730m/徒歩10分)

駅前再開発により、新しく大型複合施設※1も誕生。

有名なさんま祭りでも賑わいを見せるエリア。

3 目黒駅(約610m/徒歩8分) 4 目黒川(約930m/徒歩12分) ※1 アトレ目黒1(約640m/徒歩8分)、アトレ目黒2(約730m/徒歩10分)

「恵比寿ガーデンプレイス」を象徴に上質な雰囲気が漂う街。

トレンドに敏感でハイセンスな大人たちが集まるエリア。

5 恵比寿アトレ(約1,140m/徒歩15分) 6 アメリカ橋公園(約800m/徒歩10分)

歴 史 を 紡 ぐ 地「 白 金 長 者 丸 」。

国立科学博物館附属自然教育園の傍に広がる邸宅地、品川区上大崎2丁目の周辺は、白金長者丸と呼ばれていました。

室町時代にこの地に移り住んだ豪族にちなんで名付けられた、数百年もの歴史を積み重ねたエリアです。※2

東京府荏原郡大崎町全圖 番地界入 出典:国立国会図書館

成熟した邸宅地。

「長者丸」という地名は、長者の家跡があったと言い伝えられている地。ちょうど現在の上大崎一帯にあたります。昭和初期より住宅地として開発された歴史ある邸宅地です。

高松藩主松平頼重


江戸時代前期の大名。常陸国下館藩主、のちに讃岐国高松藩初代藩主となる。高松松平家の祖。水戸藩初代藩主徳川頼房の長子で、水戸黄門で知られる2代藩主徳川光圀の兄。現在の国立科学博物館附属自然教育園と東京都庭園美術館と一帯は、松平頼重の下屋敷であった。

 

出典:高松市公式ホームページ

静 け さ と 緑 陰 に 包 ま れ た

第 一 種 低 層 住 居 専 用 地 域。

(一部 第一種中高層住居専用地域)

現在の「白金長者丸」界隈は、喧騒から護られ、住み継がれた地に相応しい邸宅風景。

閑静な住宅街の中に、大きな区画の邸宅や低層マンションなどが立ち並び、穏やかな時を刻んでいます。

眺望写真(102W type7階より北方面を望む)2021年4月撮影

東京都庭園美術館、国立科学博物館附属自然教育園、上質なアートと緑陰のオアシスを足元に従える。

江戸時代に高松藩主・松平頼重の下屋敷、大正時代には宮内庁の白金御料地ともなった国立科学博物館附属自然教育園。

隣接する庭園美術館は、かつて朝香宮邸であったアールデコ様式の建物を活かした美術館となっています。※3

[提供写真]

東京都庭園美術館(約930m/徒歩12分)

かつての朝香宮邸の建物をそのまま活かした、美しい庭園風景と多彩な芸術作品を眺めら得る「東京都庭園美術館」。

1910~30年代に栄華を極めたアール・デコ様式の建物と3つの異なる趣きの庭園風景を楽しめる庭園美術館。昭和58年に開園し、朝香宮夫妻の旧邸宅を利用して多様な美術品や工芸品などを展示しています。建築・デザイン・装飾・絵画・彫刻、当時の流行や最先端技術を眺められる、空間そのものが芸術ともいえる美術館です。平成27年に、国の重要文化財に指定されています。

[全て提供写真]

国立科学博物館附属自然教育園(約730m/徒歩10分)

約20haもの広大な敷地に、貴重な植物や生き物が生息する国立科学博物館附属自然教育園。

国の天然記念物及び史跡に指定されている、約20haもの敷地面積を誇る国立科学博物館附属自然教育園。江戸時代は、高松藩主松平頼重の下屋敷となりました。その後明治時代には陸海軍の火薬庫として使用され、大正時代は旧白金御料地となりました。都内にありながら、貴重な植物や生き物が生息する自然の宝庫として、かつての武蔵野の面影を楽しむことができます。

※2 出典:国立科学博物館附属自然教育園公式ホームページ ※3 出典:東京都庭園美術館公式ホームページ ※掲載の現地周辺の航空写真(2020年9月撮影)は一部CG加工したものです。現地の位置を表現した光は高さや規模を示すものではありません。※エリア概念図は略地図につき実際とは多少異なる場合があります。※徒歩分数表示については80mを1分として算出(端数切り上げ)したものです。※掲載の情報は2021年2月時点のものです。※掲載の眺望写真は102W type7階より北方面を撮影(2021年4月)したもので実際の住戸からの眺望とは異なります。※眺望、景観は各階・各住戸により異なり、今後周辺環境の変化に伴い将来にわたっての眺望を保証するものではございません。