パークリュクス本駒込ステーションプレミア

資産形成・資産運用をお考えの方へ

6つのポイントコンパクトマンション投資の特性

コンパクトマンション投資には、他の投資商品にはない特徴がいくつかあります。
そのポイントをご理解いただき、ご自身の投資判断にお役立てください。

サポートメニュー

一括借上サービスをご用意しています。

三井不動産レジデンシャルでは、三井不動産グループの三井不動産レジデンシャルリースや三井ホームエステートによる一括借上サービスをご用意しております。
これは、三井不動産レジデンシャルリース株式会社や三井ホームエステート株式会社が、お客様のお部屋を借り上げて第三者に転貸し、転貸賃料の一定割合を、所定の期間、お客様にお支払いする仕組みとなり、空室・滞納等が発生しても、定額の賃料をお客様にお支払いするシステムです。

※転貸賃料に対する送金の割合や送金する賃料が固定される期間については、現地係員までお問い合わせください。

現金収入

月々の現金収支
剰余金が発生すれば、収入源となります。

毎月の賃料収入から、ローン返済・管理費・固定資産税・修繕費などの経費を差し引いた差額で剰余金が出た場合に、オーナー(物件所有者)の月々の利益となり、 収入の一つとして役立つ場合があります。

※ローン返済月額が多い場合や、賃料の下落、空室の発生などによって剰余金が生じない場合もありますのでご注意ください。

空室がある場合を除き、
基本的に毎月一定の現金収入が得られます。

賃貸資産運用では、空室が発生しない限り、賃貸借契約に定められた賃料により、毎月一定の現金収入を得ることができます。

※自分で貸した場合、空室の発生以外に、家賃の不払いなどの未回収リスクにより、現金収入が得られない場合もあります。
※賃貸契約更新時、もしくは賃借人の入れ替わり時に賃料が改定される場合があります。

税金

相続税課税評価額が、現金等とは異なります。

不動産の相続税の課税評価は原則として相続税評価額によって行われます。相続税評価額の計算は、土地は「路線価方式」や「倍率方式」で求め、家屋は「固定資産税評価額」が相続財産の価額になります。(※)所有権のある分譲マンションの評価については、土地部分はマンションが建っている敷地全体を路線価もしくは倍率方式で評価し、その持ち分に応じて計算します。建物の評価は区分所有している部分の固定資産税評価額を基にして行われます。現金や預金は額面そのものが相続税評価額となりますが、上記の様にして求めた相続不動産の相続税評価額が、現金・預金と比べて低くなった場合には、それだけ相続税額が相対的に軽減されることになり、相続税を課税される方には相続税の節税効果があったということとなります。

※ただし相続開始前3年以内に被相続人から贈与を受けた土地・建物については、土地は取得価格、建物は減価償却費を差引いた価格を基に課税されます。詳しくは税務署、税理士にご相談ください。

ローンご利用の場合には、
団体信用生命保険が付保され、
万一の場合には保険金が支払われます。

提携ローンをご利用されてご購入をされる場合には、提携ローン所定の団体信用生命保険にご加入いただきます。
団体信用生命保険の被保険期間中に、被保険者に万が一のことがあった場合には、保険金が支払われます保険金は、その時点での提携ローンの残債務相当額となり、保険金で提携ローンの残債務を全額支払うことが出来ます。

※万一の場合とは、死亡もしくは高度障害状態を指します。また契約保険会社が定める免責条件にあてはまる場合は支払われませんのでご注意ください。
※団体信用生命保険の加入には保険会社所定の審査があり、審査の結果、団体信用生命保険にご加入いただけない場合には提携ローンのご利用が出来ないこととなります。

提携ローン

物件価格の100%お借入も可能。
/頭金0円で購入可能。

三井不動産レジデンシャルでは、投資目的でご購入いただく方のための提携ローンをご用意しています。
購入に関わる諸経費があれば、物件価格の100%まで住宅ローン(非居住用ローン)を借り入れて購入することが出来ます。

※物件価格以外に、登録免許税、契約印紙代、ローン事務手数料などの費用が必要になります。詳しくは、現地係員にお問い合わせください。
※住宅ローン(非居住者ローン)のご利用には金融機関の所定の審査があります。

サポートメニュー賃貸サポートメニューのご案内

三井ホームエステート三井不動産レジデンシャルリース
あなたの資産形成・資産運用をサポートします。

三井不動産グループの豊富なネットワークが、あなたの資産形成・資産運用を支えます。
マンション経営にまつわる煩わしい手間や、空室発生などによるリスクを軽減するために、三井不動産レジデンシャルリースと三井ホームエステートによる賃貸サポートサービスをご用意しました。

オーナー代行システム(三井ホームエステート例)煩雑な賃貸業務を代行

入居者の募集、賃貸借契約の締結、家賃の集金、契約の更新、入居者からのクレーム処理、設備の故障修理、退室の立会い、敷金の精算、退室後のクリーニング・リフォームなど、煩雑、かつ重要な賃貸業務を、三井ホームエステートが代行します。

※業務管理委託料として、賃料の1ヶ月分(税別)が別途必要になります。
※管理手数料として、賃料の5%(税別)が別途必要になります。
※更新手数料として、新賃料の50%(税別)が別途必要になります。
パーソナルリースシステム

一括借上システム(三井ホームエステート例)空室や滞納のトラブルの不安から解放

一括借上システムとは、オーナー様の賃貸物件を一括して三井ホームエステートが借受け、それを転貸するシステムです。空室があってもオーナー様には三井ホームエステートより賃料が支払われますので、安心して資産形成・資産運用に取り組んでいただけます。

三井ホームエステートによる査定賃料額の86%を毎月お支払いいたします。(※)
※礼金、敷金、保証料等の支払いはございません。※賃料のほかに管理費の支払いはございません。※転賃貸料は三井ホームエステートの査定賃料により決定いたします。お客様に対するお支払賃料の固定期間は当初2年間となります。それ以降は更新時にお支払賃料が変更となる場合があります。※査定賃料112,000円(Aタイプ)〜247,000円(E’タイプ)(全住戸に対応)
一括借上システム

提携ローンのご案内

三井不動産レジデンシャルでは、コンパクトマンションによる資産形成・資産運用を行う方のために提携ローンをご用意しました。

特徴1
店頭金利マイナス0.265%の金利適用
特徴2
団体信用生命保険にご加入いただけます
特徴3
がん団信50%保証に無料でご加入いただけます
※50歳未満の方対象
※表記適用金利は、下記提携ローンの場合のものです。
提携金融機関
ソニー銀行
販売価格に対する融資限度の割合
物件価格100%
融資限度額
500万円~1億円未満(10万円単位)
※購入額に対する借入可能額には限度があります。
金利
1.64%(2年固定)(店頭金利1.905%より▲0.265%)
返済期間
1年以上35年以下(1ヵ月きざみ)
備考
※ローンは一定要件該当者が対象です。詳しくは係員にお問い合わせください。
※適用される金利は融資実行時のものとなり、表示されている金利と異なる場合があります。
※別途融資事務手数料 108,000円(税込)がかかります。
※金利は2018年9月18日現在のものです。
実際の間取りを見る
19.5.24
先着順受付住戸 3370万円(1K 25.05㎡)(1戸)~4920万円(1LDK 40.29㎡)(1戸)