デザイン

象徴といえる地で、
邸の粋を結集。
川越の住文化は、
いま、さらなる高みへ。

FACADE DESIGN

「素の美」─ 磨き上げた匠の技。

華美な素材を誇るのではなく、構成と意匠の妙を求め、細かな仕上げにも丹精を尽くす。柱や格子が照明と相まって川越の住文化を伝える基壇部と、次代の洗練を表す上層部が調和する至高の邸を目指しました。
外観完成予想CG外観完成予想CG外観完成予想CG
遠景でも
存在感を主張する
装飾

重厚な佇まいに映えるホワイト系の水平ラインは、川越の街並みで際立つ存在感。最上部は2本のラインでアクセントを。

駅前の創景を
意識した細部の
意匠

バルコニー先端部の厚みを薄くした意匠で軽やかさも表現。ランドマークとしての上品で洗練された印象を創出。

川越の街並みと呼応する基壇部

基壇部のデザインは、小江戸・川越の往時を彷彿とさせる庇が特徴的。軒裏は木調アルミで優しさとぬくもりを演出。

歩道に面してリズムを生む列柱

景観美を考慮し道行く人の目を愉しませるリブ付のスチールワークピラー。光によって陰影が生まれ趣と奥行を醸成。

APPROACH

「誘い」─ 幽玄なる日本の美学。

木のぬくもりが優しく人を迎えるエントランス。賑わいから静の領域へ誘うアプローチは、シンメトリーを基調に、床面は幾何学文様を意識した石貼りで、趣深い行燈照明も設置。歴史を映す格調高い邸を創造します。
  • 歩むほど静謐へ誘う花崗岩の床石

    川越氷川神社のデザイン要素から着想を得た飛び石風の黒系花崗岩と砂利敷きアプローチ。街の華やぎから静なる私邸へ。

  • 品格と情趣を大切にした和の精髄

    アプローチに沿った壁面は大判タイル貼りの腰壁。傍らには和風の植栽を配して、領域性に配慮しながら情趣を創出。

敷地配置図敷地配置図

「行燈照明」─ 明暗の命題が帰結。

空間構成の輪郭が仄かに浮かび上がることを一義とし、間接照明を効果的に織り交ぜる。突き詰めてたどり着いた答えは「行燈照明」。小江戸・川越が継承してきた歴史に敬意を表しつつ、街並みと響き合います。
  • 風雅な把手付の
    アプローチ行燈灯

    アプローチにも創作行燈灯を配置。把手がついた行燈の形状によって、江戸期の町屋を彷彿とさせる雰囲気を演出。

  • 迎賓の想いを込め
    人を誘う行燈灯。

    館内へ歩み入ると、そこは厳かな雰囲気を湛えた空間。行燈灯の仄かな光が、佳景のラウンジへと招き入れる。

LOUNGE

ラウンジ完成予想CGラウンジ完成予想CG

「縁景」─ 対流空間で和美を堪能。

開放的な2層吹抜の空間に、あえて傾斜屋根を設け目線を低く抑えた、落ち着けるラウンジ。額縁ともいえるウィンドウの先は、季節を謳う樹と常緑樹が調和する砂利敷きの坪庭。日本家屋の「廊下と庭の関係」を体現した“広い縁側”は、私領域との結節点です。
  • 外観と呼応し趣を
    奏でる傾斜屋根

    ファサードデザインとの連動も考慮し、ラウンジから一幅の絵画を見るように坪庭を望める、和の粋を継承した意匠。

  • 緩やかに空間を分ける
    木格子衝立

    エントランスから通路を経て坪庭の景が迎えるラウンジへ。要所に配した木格子の衝立が、各々の空間を穏やかに分離。

  • 行灯型の照明が
    もたらす優しい光

    天井照明ではなく、目線の高さから光をもたらす行燈型のスタンド照明を設置。趣深くやわらいだ雰囲気を醸成。

  • 落ち着いた時間を
    嗜むための家具

    ウィンドウ越しの視界を絞った設計に合わせ、坪庭への目線を低くする創作テーブル等を採用。心地よい独立空間に。

  • アプローチからの
    シークエンスを考慮

    外と内をつなぐアプローチとの連続性を意図して、川越の板塀を彷彿とさせる壁面タイルに沿って砂利を敷き込み。

  • 木のぬくもりに
    包まれるラウンジ

    ラウンジの床面には、木の肌合いを感じさせるフローリングを採用。優しく癒されるくつろぎの場を演出。

開発への想い
development
系譜を継ぎ時代を超える川越の
No.1邸宅を目指す。
三井不動産レジデンシャル株式会社
都市開発二部 開発室
佐潟 隆平
佐潟 隆平

計画地は「本川越」駅徒歩1分、東口を出てすぐ真正面に見える場所。1・2階には、愛されてきた地で新たな歴史を刻む「(仮称)イトーヨーカドー食品館」がリニューアルオープン予定です。身近に県下屈指の賑わいをみせるクレアモール商店街もあり、多彩な商業集積により高度な利便を享受できる立地に相応しく、デザイン・意匠から共用・専有部まで、すべてを誇れるランドマークとして川越のNo.1邸宅を目指しました。

佐潟 隆平
facade design
小江戸“川越”らしさに
新しい解釈を加えた創景の邸。
UDS株式会社 デザイナー高宮 大輔
高宮 大輔

バスロータリーに接する駅前大通りを渡ったすぐ先の計画地を初めて訪れたとき、ランドマークの舞台に相応しい、遠くからでも建物を視認できる稀な場所だと驚嘆しました。まさに、利便と都会性を併せ持つ街の象徴です。独自の文化を継承してきた小江戸“川越”のエッセンスを、そのまま表現するのではなく、新しい解釈を加えたモダンジャパニーズデザインこそが、地の資質に応える邸の在り方だと確信しました。

高宮 大輔
※掲載の完成予想CGは、計画段階の図面を基に敷地内のみを描き起こしたもので、形状・色等は実際とは異なります。なお、外観形状の細部、設備機器等は表現していません。また、植栽は竣工から初期の育成期間を経た状態のものを想定して描いております。竣工時は植物の生育を見込んで必要な間隔をとって植えております。家具・調度品等は変更になる場合があります。共用部の使用については管理規約に従っていただきます。
19.10.25
※只今、物件エントリーいただいたお客様への資料送付は行っておりません。
19.10.25
ご予約は下記フリーダイヤルにて承っております。詳細につきましては係員にお問い合わせください。