parkTOWER晴海 物件エントリーはコチラ>> close

IIMA

COLLABORATION

ボーネルンドで子供が遊ぶイメージ

パークタワー晴海は、暮らす人のイマジネーションをかきたて、やりたいことを生み出し、それに応えられる住まいであることを目指しています。

たとえば、ここに暮らす子どもたち、そしてその親となる人たちに、どんな場を用意できるだろう。日常のなかで想像力を育み、毎日いきいきと成長していく子どもたちと、それを見守る大人たち。そんな風景を思い浮かべたとき、ボーネルンドの「あそび」への取り組みを、住まいの中にこそ取り込めないか、と発想しました。

ボーネルンドで子供が遊ぶイメージ

そこから、子どもも大人も一緒になって成長できる「あそびの空間」を、パークタワー晴海の随所に設け、仕組みを整えることをスタート。パークタワー晴海の、「住む人にとっての最適」を模索し続ける『IIMA』の思想に、ボーネルンドの「あそびながら学び、健やかに成長していく」という、科学的根拠(※1)に裏づけられた『あそび』への提案を組み込んでいきました。
子どもたちは生きるちからを育み、そして親は、その一番近くでともにあそび、成長を感じる。それがパークタワー晴海の目指す「住まいの中にあそび場がある暮らし」です。

SERVICE
サービスの詳細

1、「あそび場」「あそび道具」の整備

屋内:キッズスクエア

キッズスクエア完成予想CG
キッズスクエア完成予想CG

イマジネーション・プレイグラウンド

子どもたちの創造力と構成力を刺激する17種類のフォームブロック。バラバラのパーツを並べ替え、組み替えて、等身大の家具やシーソーまで作れてしまいます。

ボブルス

座ったり、積んだりと、全身を使ったあそびが可能な、デザイン性に優れたバランス遊具。いくつかの種類を組み合わせることで、あそびの幅がどんどん広がります。

マグ・フォーマー

子どもたちを夢中にさせる、磁石でつながるブロック。数学的センスや空間把握力、科学的思考など、未来に向けて育みたい力を刺激するあそびとして、各国の教育現場でも認められています。(※1)

ギアウォール

壁一面にカラフルな大小の歯車が設置されたコーナー。上手く噛み合わせると、1つを動かすだけで、つながり合った全ての歯車が回りだし、子どもたちは大興奮。あそびながら「原因と結果」の概念を学べます。

ボブルス
ボブルス

マグ・フォーマー
マグ・フォーマー

屋外:キッズフィールド

キッズフィールド完成予想CG
キッズフィールド完成予想CG

パイオニア・アポロ 005

子どもたちの挑戦心をくすぐる力強い支柱が特徴の、デザイン性に優れた遊具。発達段階に合わせて、つかまったり、よじ登ったりと、バランス能力を高められます。

プレイチェーン204

鉄棒で回転したり、バランスを取りながら平均台を通ったり、隙間をくぐったりと、いろいろな体の動きを生み出します。シンプルなデザインが美しい、安全で自由なあそび場です。

3人乗りゴーラウンド

進行方向を向いて座り、3人同時に回ってあそべるユニークな遊具。子どもの感覚運動に欠かせない「揺れ」と「回転」を体験できます。一緒に回れば、誰でもお友達になれそうです。

2、「プレイリーダー制度」を導入

プレイリーダーイメージ

パークタワー晴海内の希望者に向けて、「住民プレイリーダー」を育成するプログラムを提供します。
あそび方のノウハウをレクチャーする「住民プレイリーダー」によって、子どもにあそびの醍醐味を知ってもらうのと同時に、親にもあそび方を学んでいただけます。

子どもとなかなかあそぶ時間が取れないお父さんも、遠出をしなくても、敷地内のキッズスクエアやキッズフィールドで子どもと一緒に考え、体を動かす中で、我が子の成長をしっかりと感じ取ることができるでしょう。

プレイリーダーと親子イメージ

MESSAGE
ボーネルンドからのメッセージ

株式会社ボーネルンド 岸本泰弘氏
株式会社ボーネルンド 岸本泰弘氏

「あそび」は子どもにとって、大切な「まなび」そのものです。だからこそ今回のソフトサービスにおいては、屋内、屋外ともに、子どもの知的好奇心をくすぐる「あそび道具」のセレクトと、「あそび場」自体をいかにワクワクする空間にできるか、に重点を置きました。
子どもにとって、家でもなく集える場所、言わば“セミパブリック的な場所”があることは、健やかな成長において非常に大切だと考えています。そのような、暮らしの中で知的好奇心が芽生えていく場所があれば、おのずと新たなコミュニケーションや関係性が生まれていきます。
それは親御さんにとっても、とてもいい出会いの場になるのでは、と期待しています。
子どもが育つ場であり、子育ての楽しみが広がる場でもある。そんな場づくりを目指して、一つひとつ取り組んでいきたいと思っています。

MOVIE
コンセプトムービー

IIMAのページに戻る
ページトップ