株式会社ボーネルンド 岸本泰弘氏

PICK UP!! TOPICS

「日常生活に、あそび場をご提供していきたい。」
株式会社ボーネルンド 担当者インタビュー

子どもの健全な成長に必要な「あそび」に関する様々な体験を創造するボーネルンド。従来のマンションサービスのような、遊具の提供だけでなく、住民と関わりながら一緒に「あそび場」を創り出していくという、これまでに事例のないプロジェクトがパークタワー晴海で始動します。パークタワー晴海だからこそ実現する、新しい「あそび場」とはどのようなものなのでしょうか。株式会社ボーネルンドの岸本泰弘氏にお聞きしました。

SERVICE

1.「あそび場」「あそび道具」の整備

【屋内:キッズスクエア】

  • イマジネーション・プレイグラウンド
    子どもたちの創造力と構成力を刺激する17種類のフォームブロック。バラバラのパーツを並べ替え、組み替えて、等身大の家具やシーソーまで作れてしまいます。
  • ボブルス
    座ったり、積んだりと、全身を使ったあそびが可能な、デザイン性に優れたバランス遊具。いくつかの種類を組み合わせることで、あそびの幅がどんどん広がります。
  • マグ・フォーマー
    子どもたちを夢中にさせる、磁石でつながるブロック。数学的センスや空間把握力、科学的思考など、未来に向けて育みたい力を刺激するあそびとして、各国の教育現場でも認められています。(※1)
  • ギアウォール
    壁一面にカラフルな大小の歯車が設置されたコーナー。上手く噛み合わせると、1つを動かすだけで、つながり合った全ての歯車が回りだし、子どもたちは大興奮。あそびながら「原因と結果」の概念を学べます。

【屋内:キッズフィールド】

  • パイオニア・アポロ 005
    子どもたちの挑戦心をくすぐる力強い支柱が特徴の、デザイン性に優れた遊具。発達段階に合わせて、つかまったり、よじ登ったりと、バランス能力を高められます。
  • プレイチェーン 204
    鉄棒で回転したり、バランスを取りながら平均台を通ったり、隙間をくぐったりと、いろいろな体の動きを生み出します。シンプルなデザインが美しい、安全で自由なあそび場です。
  • 3人乗りゴーラウンド
    進行方向を向いて座り、3人同時に回ってあそべるユニークな遊具。子どもの感覚運動に欠かせない「揺れ」と「回転」を体験できます。一緒に回れば、誰でもお友達になれそうです。

2.「プレイリーダー制度」を導入

パークタワー晴海内の希望者に向けて、「住民プレイリーダー」を育成するプログラムを提供します。
あそび方のノウハウをレクチャーする「住民プレイリーダー」によって、子どもにあそびの醍醐味を知ってもらうのと同時に、親にもあそび方を学んでいただけます。

INTERVIEW

ボーネルンドが大切にしている考え方

「あそぶ」ことは、「生きる」こと。あそびから、未来をかえる。

株式会社ボーネルンド 岸本泰弘氏

マグ・フォーマー

あそびと娯楽。一見同じような言葉に見えますが、英語にしてみると、あそびはプレイ、娯楽はエンターテインメント。プレイは能動的で、エンターテインメントは受動的。私たちボーネルンドは、能動的かつ主体的な「あそび」を提供することこそが、私たちの存在意義だと考えています。私たちが提供するのは、「成長のために欠かすことのできない生活の道具」。その意味を込めて、オモチャではなく「あそび道具」と呼んでいます。

1977年の創業以来、私たちは、子どもが「あそび」の中で主体となり、工夫次第でさまざまなあそびへと発展していくものこそふさわしいと考え、世界中から選び抜いたあそび道具を提供してまいりました。たとえば、「音」なら正しくやさしいもの、「色」ならこころに届くもの、そして子どもの目線に立って、扱いやすくつくられたものを。感性を育む成長段階の子どもの行動と心理を考え抜いて作られたものを選定しています。

現在、私たちがお届けする「あそび」は、家庭内でのあそび体験を通した子育て応援にとどまらず、子どもが集まるあらゆる場所で「あそび場」という形で広がり始めています。その「あそび道具」と、長年培ってきたノウハウから生まれる「あそび環境」の創造を通して、子どもたちの健全な成長を支えていきたいと考えています。

ボブルス

今回の取り組みに込めた想い

あそび習慣を、暮らしのいたるところに。

「あそび」は子どもにとって、大切な「まなび」そのものです。だからこそ今回のパークタワー晴海のソフトサービスにおいては、屋内、屋外ともに、子どもの知的好奇心をくすぐる「あそび道具」のセレクトと、「あそび場」自体をいかにワクワクする空間にできるか、に重点を置きました。まず屋内では、「キッズスクエア」。ここでは、子どもたちにさまざまなことを体験してもらえる工夫を施しています。具体的には、創造性が豊かになるような新しいタイプの大型ブロックや、頭を使いながら夢中であそべる知育的なコーナー、読書コーナーなどを用意していきます。一方、屋外の「キッズフィールド」では、自由に体を動かせるようなあそび道具をご用意します。オランダ製の優れたデザインで興味を引くのはもちろんですが、現代社会で問題視されている、子どもの体力低下などを解消できる、そこに行くだけでおもわず体を動かしたくなる空間をつくりたい、と考えています。
また、私たちボーネルンドは、親子で楽しめる屋内あそび場「キドキド」の運営もさせていただいていますが、キドキドには「プレイリーダー」と呼ばれるスタッフがいます。プレイリーダーは、子どもが本能のままに楽しめて、なおかつ成長に寄与するあそびのきっかけを生み出す「あそびのプロ」です。このプレイリーダーの役割を、パークタワー晴海で暮らす親御さんに担っていただきたいと考えています。親は、子どもとともにあそび、「あ、こんなこともできるようになったんだ。」という実感をすぐそばで味わっていくことで、子育てがもっと楽しくなっていくはずですから。子どもが育つ場であり、子育ての楽しみが広がる場でもある、そんな場づくりを目指して、一つひとつ取り組んでいます。

キッズスクエア完成予想CG

私たちボーネルンドがプロデュースさせていただく「あそび場」は、子どもにとって、言わば「家でもなく集えるセミパブリック的な場所」。そのような、暮らしの中で知的好奇心が芽生えていく場所があれば、おのずと新たなコミュニケーションや関係性が生まれていきます。それは大人にとっても、とてもいい出会いの場になるのでは、と期待しています。子育ては、慣れるまでは不安も多いですが、「あそび場」がマンション内にあることによってコミュニケーションの輪が自然と広がり、イマジネーションが膨らんでいく。そんな素敵な毎日のお手伝いを、これからもさせていただきたいと思っています。

CONCEPT MOVIE

PICK UP!! TOPICS TOPに戻る

  1. ※1情報提供:株式会社ボーネルンド
  2. 映像は「パークタワー晴海」のソフトサービスの内容を説明する映像で、実際とは異なります。
  3. 映像は「マークイズみなとみらい内 ボーネルンド あそびのせかい」で撮影したものです。
  4. 導入する遊具・サービス内容等は、企画段階のもので一部変更となる場合があります。また、将来にわたって保証されるものではありません。
  5. 共用施設の使用にあたっては管理規約に従って頂きます。一部施設・サービスのご利用は有料となります。
  6. 映像内の完成予想CGは、現地から約300m離れた場所から撮影(2016年8月)した写真に、計画段階の図面をもとに描いた外観完成予想CGを合成しCG処理を施したもので、実際とは異なります。なお、外観形状の細部、設備機器等は表現していません。表現されている植栽は竣工から初期の育成段階を経た状態のものを想定して描いており、竣工時は植物の生育を見込んで必要な間隔をとって植えております。施工上の都合により設定位置・樹高・本数等変更される場合があります。隣接敷地の利用計画については未定です。
  7. キッズスクエア完成予想CGは、計画段階の図面を基に描いた完成予想図で、実際とは異なります。形状の細部、設備機器等は表現していません。表現されている植栽は竣工から初期の育成段階を経た状態のものを想定して描いており、竣工時は植物の育成を見込んで必要な間隔をとって植えております。施工上の都合により設定位置・樹高・本数等変更される場合があります。共用施設の使用にあたっては管理規約に従って頂きます。一部施設のご利用は有料となります。共用部の家具・調度品・照明等は計画段階の内容であり今後変更となる可能性があります。
ページトップへ