イメージづくり・リサーチ

住まいのかたち
いまどきのマンション防災対策いまどきのマンション防災対策

地震、火災、停電など大きな災害に直面した時、普段からの備えが大きな効果を発揮します。いまどきのマンションの防災対策を「建物」「共用部」「専有部」「コミュニティ」の4つの視点から探ってみましょう。
※ 物件によって設備・仕様は異なります。詳しくは各物件の現地販売センター係員にお尋ねください。

【建物】への防災対策

建物構造による地震対策

地震に強い建物を考えるとき、よく目にするのが「耐震」「制震」「免震」という3つの建物構造です。それぞれ、どこが違って、どういいの?という疑問に対して、特徴や揺れ方の違いをご紹介します。

構造の種類 構造の特長 揺れ方
耐震構造
  • 壁や柱を強化したり、補強材を入れたりする事で建物自体の堅さと強さで地震に抵抗します。
  • コストに応じて耐震箇所を設定できるので建築費用を抑えることができます。
  • 建物の揺れは他の構造に比べて大きくなります。
  • 地震の規模によっては、柱、梁、壁などに損傷を生じたり、家具が転倒する場合も。
  • 建物が丈夫なため倒壊は抑えられますが、地震のエネルギーがそのまま建物内部に伝わるため、階が上がるほど揺れの幅が大きくなります。低層住宅では揺れに対する影響は少ないですが、タワーマンションでは大きく揺れてしまう可能性もあります。
制震構造
  • 建物内に配置した制震部材(ダンパーなど、振動を軽減するもの)で地震のエネルギーを吸収します。
  • 耐震構造に比べて地震時の揺れを抑えることができます。
  • 地震の規模が大きくなっても、ダンパーの効果によって柱、梁、壁の損傷を抑えられます。
  • 高層階の揺れをある程度抑えるため家具の転倒等は抑えられますが、中高層の建物では制振装置の効果が薄いため、採用されることは少ないようです。
  • 耐震構造の揺れに対して、上の階に行くほど揺れが抑えられます。
免震構造
  • 建物と地面のあいだに免震部材(積層ゴムやダンパー)を設置することによって建物を地面と切り離して揺れを伝わりにくくし、建物が受ける地震のエネルギーを吸収します。
  • 耐震、制震と比べて、建物の揺れを抑えられるので、上層階の揺れが大きいタワーマンションでより効果を発揮します。
  • コストが比較的高いので、大規模な住宅で採用される傾向が。
  • 建物内部の揺れが少ないので、家具の転倒や落下物などによる二次災害が起こりにくくなります。
  • 地面の揺れが直接伝わらないため、建物の揺れは地面の揺れよりも小さくなります。建物内部の揺れも軽減されて、体感する揺れは実際の3分の1から5分の1程度に感じることもあるようです。

このように、建物構造はそれぞれに特徴を持っているためどれがいちばんいいという単純な判断ではなく、地盤や建物の規模・高さなどマンションごとの条件と照らし合わせて、最も適した方式が選ばれています。

【共用部】での防災対策

多くの人々が集まって住むマンションの防災対策は、個人では実現できないもの、共同で備えた方が充実するものもあります。共用部での防災対策の代表例を見ていきましょう。

管制運転付エレベーター

地震や火災の発生を感知して自動運転に切り替わる、地震管制装置と火災管制装置を装備したエレベーターを採用しています。停電時には専用バッテリー電源により非常運転を行います。さらに天井の停電灯が点灯するとともに、停電時でも作動するインターホンで外部と連絡をとることができます。

最寄り階、避難階までの走行機能
  • 地震発生 → 最寄り階に着床 → ドアが開く → 避難
  • 火災発生 → 進行方向に関係なく避難階まで直行 → ドアが開く → 避難
  • 停電 → エレベーター停止 → 再起動し、最寄り階に着床 → ドアが開く → 避難

※エレベーターの走行に支障があると感知した場合は、非常停止します。安全上ドアが開かない場合があります。

いざという時のため、防災用品を備蓄した防災倉庫

img_sec_02_02

防災倉庫には共助に必要な備品を中心に防災用品を備蓄しています。マンションごとにエントランスホール等に、管理組合が中心となって居住者が共助活動を行うための災害対策拠点を設けられます。

主な防災備品の一例
救助工具/閉じ込めや什器。転倒からの救出作業に使用。
メガホン/各居住者への情報伝達に使用。
カセットガス発電機/ラジオや投光器などの非常用電源として使用。
非常用トイレ/上下水道停止時に共用トイレとして使用。
ストレッチャー/要援護者搬送に使用。
ホワイトボード/災害情報整理や各居住者への情報伝達に使用。

※マンションによって内容は異なります。※写真は全て参考写真です。

かまどベンチ

普段はベンチとして使用でき、災害発生時にはかまどとして使え、炊き出しなどに活躍します。

マンホールトイレ

下水管のマンホールの上に設置する仮設トイレで、災害時に迅速にトイレ機能を確保できます。

【専有部】での防災対策

専有部(各住戸)でも、あらかじめ災害に対する備えが用意されています。いざという時の身の安全を守るもの、避難に役立つものなど、その代表例をいくつかご紹介します。

家具転倒防止対策
家具の設置が想定される住戸内のリビング・ダイニング・キッチン、洋室等の壁面に、家具を固定できる家具転倒防止金具等を取り付けるための下地補強を施しています。
TVなどを固定できる上下2段の下地
大型TVなどの設置が想定されるリビング・ダイニング・キッチン等の壁には、下部は床から約60cm~約90cmの高さに下地材を設けています。
※地震の揺れや大きさによっては転倒や移動を防止することができない場合があります。
※マンションによってに設置箇所、設置範囲は異なります。
耐震ドア枠
地震によって躯体が変形しても玄関扉が開閉できるよう、ドア枠と扉の間にクリアランスを設けた耐震ドア枠を採用しています。地震発生時の避難経路を確保するための工夫です。
足元停電灯
停電を感知すると自動点灯して足元を照らします。暗闇でのパニックを抑え、安全な避難に役立ちます。
キッチン吊戸棚の耐震ラッチ
キッチンの吊戸棚の扉に耐震ラッチを設置。地震の揺れで扉が開いて、中のものが飛び出すのを防ぎます。また、キッチン吊戸棚の全ての棚板には、水平方向の大きな揺れにも動きにくく、棚をしっかりと固定する脱落防止用のツメを設けています。

【居住者コミュニティ】での防災対策

災害発生時には消防や自治体などによる公助を待つ間、身近な人たちと助け合う共助が大切になってきます。マンションではいざという時に備えるために、居住者同士による防災訓練などが実施されています。

震災マニュアル・防災訓練
マンションごとに避難経路や災害対策拠点、防災倉庫などを記載した震災マニュアルを作成したり、管理組合によって防災訓練や防災イベントが実施されたりします。日頃から防災への意識を高めるとともに、いざという時に居住者同士の助け合いがスムーズに行えるための重要な取り組みです。