日本初※1、免震×連結制振「DFSハイブリッド」を採用

免震構造とDFS(デュアル・フレーム・システ厶/ 連結制振構造)を併用するハイブリッド構造。
従来の免震構造だけでは対応できなかった風揺れや長周期地震動による揺れにも対応する安心感の高い構造です。

日本初※1、免震×連結制振「DFSハイブリッド」の特長

  1. 様々な地震による揺れを軽減。 長周期地震動から直下型地震まで、多様な地震動の揺れを軽減します。
  2. 地震による建物の損傷を軽減。 オイルダンパーが大きなエネルギーを吸収し、建物の損傷を軽減します。
  3. 揺れが早くおさまる安心感があります。 揺れを軽減するだけでなく、地震後の揺れも早くおさまります。
  4. 強風による揺れも軽減。 超高層で起こりやすい強風による揺れにも対応、風による不快感をおさえます。
  5. 低層部から高層部まで全階に安心感があります。 全階にわたり揺れを軽減し、家具等の転倒をもたらす加速度を小さくします。

DFS(デュアル・フレーム・システ厶)とは?

DFSはパークタワー晴海の設計・施工を担当した大林組独自の連結制振構造です。建物の中央に構築した剛強な心棒と、その外周に柱と梁による柔構造の建物を配置し、この2つを制振装置(オイルダンパー)で連結します。硬さが異なり揺れ方も異なる2つの建物をつないでいるオイルダンパーが、それぞれの揺れを効果的に吸収するシステ厶です。免震構造にこのDFSを併用することで、超高層免震に特徴的な風揺れや長周期地震動により揺れが大きくなる弱点まで軽減します。

(大林組提供資料より)

〈DFSハイブリッド概念CG〉

災害時も変わりなく暮らせるために。

基本的なライフラインの確保など、災害の時も変わりない日常を目指して、
様々な視点から安心を支える取り組みを行っています。

共助活動の必要な備品防災備蓄倉庫

防災備品を収納した防災備蓄倉庫を、2階から上の各階に設置しています。この防災備品は共助に必要な備品を中心に取り揃えています。

共に助け合う一時避難場所防災ステーション

集会室などの共用施設を、災害対策拠点として設定しています。ここはお住まいの皆様が集合して、共助活動を行うための場所。別途、拠点運用上必要な備品等を収納した、防災倉庫を設けています。

災害時の共用トイレ使用に非常用水貯留槽

災害時でも1階だれでもトイレが利用できるよう、排水用に使用する水を貯水できる非常用水貯留槽を設けています。また、1階ゴミ置場に設置のスロップシンク水栓を使用し、他のトイレ洗浄水としても利用可能です。

内外部のインフラ状況等により使用できない場合があります。

災害時の避難を安全に誘導管制運転付エレベーター

エレベーターには地震管制装置と火災管制装置※1を装備。また、停電時には自家発電機により非常運転を行います。さらに天井の停電灯が点灯するとともに、停電時でも作動するインターホンで外部と連絡をとることができます。また、当マンションでは、壊れにくく復旧しやすい耐震クラスS仕様の非常用エレベーターを導入しています。

  1. エレベーターの走行に支障があると感知した場合は、非常停止します。安全上ドアが開かない場合があります。
  2. ※1非常用エレベーターには火災管制運転はありません。

共用部の電気機器を機能させる非常用発電設備

災害時に停電になった際は非常用発電機が作動し、非常用エレベーターや共用部の保安照明、災害防災拠点の電気設備などへ電力を供給します。非常用発電設備の備蓄燃料は法定量以上を確保し、3日間の運用スケジュールを策定します。

災害時の情報収集に利用する太陽光発電設備・非常用蓄電池

必要な災害情報を入手するために、蓄電池に貯められた電力は、集会室のコンセントからワンセグテレビやラジオ、携帯電話などの情報機器に電力を供給します。また、アクティブパークやウェルカムプラザにも電力を供給します。

非常用蓄電池は、2階電気室に設置

安心を幾重にも重ねるセキュリティ。

毎日の暮らしを支えるセキュリティは、設備と人の目でしっかりガード。

いつも人の目がある安心24時間有人管理

24時間係員が常駐する防災センターを設置。また、火災・ガス漏れ・防犯など、万一の際は異常信号を「三井不動産レジデンシャルサービス(お客様センター)」「綜合警備保障(ALSOK)」へ自動通報します。

不審者のとも連れを抑止ダブルオートロック

居住者や来訪者と共に入館する「とも連れ」を抑止するダブルオートロック方式 を採用。エントランスには、カメラ付オートロック操作盤を設置しています。

ページトップへ
予告広告 平成29年09月上旬 販売予定 
※本広告を行い取引を開始するまで、契約・予約受付・申込順位確保は一切できませんので予めご了承ください。