日本初※1、免震×連結制振「DFSハイブリッド」を採用

基本的なライフラインの確保など、災害の時も変わりない日常を目指して、
様々な視点から安心を支える取り組みを行っています。

災害時に停電になった際は非常用発電機が作動し、非常用エレベーターや共用部の保安照明、災害防災拠点の電気設備などへ電力を供給します。 非常用発電設備の備蓄燃料は法定量以上を確保し、3日間の運用スケジュールを策定します。

非常用発電機(参考写真)

防災備品をお収納した防災備蓄倉庫を、2階から上の各階に設置しています。
この防災備品は共助に必要な備品を中心に取り揃えています。*内外部のインフラ状況等により使用できない場合があります。

エレベーターには地震管制装置と火災管制装置※1を装備。また、停電時には自家発電 機により非常運転※2を行います。さらに天井の停電灯が点灯するとともに、停電時でも 作動するインターホンで外部と連絡をとることができます。また、当マンションでは、 壊れにくく復旧しやすい耐震クラスS仕様の非常用エレベーターを導入しています。

※エレベーターの走行に支障があると感知した場合は、非常停止します。安全上ドアが開かない場合があります。
※1.非常用エレベーターには火災管制運転はありません。 ※2.低層用、中層用、高層用、各2台のみ。

エントランスホールには、衝撃に強く割れにくい合わせガラスまたは強化ガラスを採用しています。
万一割れても、合わせガラスは破片が飛びにくく、強化ガラスは破片の角が鋭利にならないので、大きなケガが少なくなります。

  • 強化ガラスが割れた場合(参考写真)

  • 強化ガラスが割れた場合(参考写真)

  • 強化ガラスが割れた場合(参考写真)

必要な災害情報を入手するために、蓄電池に貯められた電力は、集会室のコンセントからワンセグテレビやラジオ、携帯電話などの情報機器に電力を供給します。 また、アクティブパークやウェルカムプラザ、オーナーズリビングにも電力を供給します。
*非常用蓄電池は、2階自家用電気室に設置

太陽光発電パネル(参考写真)

災害時でも1階車いす使用者用便房が利用できるよう、排水用に使用する水を貯水できる非常用水貯留槽を設けています。また、1階ゴミ置場に設置のスロップシンク水栓を使用し、 他のトイレ洗浄水としても利用可能です。
*内外部のインフラ状況等により使用できない場合があります。

共用部低層階部への給水は、水道本管から受水槽を経由しない直結給水を採用。災害時に万一給水ポンプが停止しても、水道局からの配水が停止しない限り、 低層階部の共用水栓では水を使うことができます。
*1階:車いす使用者用便房、男・女トイレ、オーナーズリビング、ゴミ置場 2階:アクティブステーション、洗濯室、カフェコーナー、キャビンラウンジ等

基本的なライフラインの確保など、災害の時も変わりない日常を目指して、
様々な視点から安心を支える取り組みを行っています。

24時間係員が常駐する防災センターを設置。また、火災・ガス漏れ・防犯など、万一の際は異常信号を「三井不動産レジデンシャルサービス(お客様センター)」「綜合警備保障(ALSOK)」へ自動通報します。

メインエントランスには、居住者や来訪者と共に入館する侵入手口を抑止する、ダブルオートロック方式のカメラ付オートロック操作盤を設置しています。

ページトップへ
予告広告 平成29年11月中旬 販売予定 
※本広告を行い取引を開始するまで、契約・予約受付・申込順位確保は一切できませんので予めご了承ください。