物件エントリーはコチラ>> close

「パークタワー晴海」実際の外構コンセプト開発シート

PICK UP!! TOPICS

外構コンセプトデザインオリエンタルランド担当者インタビュー Vol.2

オリエンタルランド松岡氏

パークタワー晴海の5つのゾーン・12のシーンに分かれたランドスケープは、象徴的に「イマジネーションランド」と名付けられている。「イマジネーションランド」はその名の通り、住む人の想像力をかきたて、使い方・暮らし方に多様な拡がりを感じさせてくれる。後半はオリエンタルランドの担当者・松岡氏に聞いた「イマジネーションランド」にこらされた様々な工夫とデザインのポイントを紹介する。

1.グリーティングゾーン

住宅のステータスを感じさせるとともに、近隣住人とのコミュニケーションを醸成するゾーン

ウェルカムプラザ

※ 完成予想CG

近隣とのコミュニケーションを促す街区の中心的なプラザであり、住人にステータスを感じさせる住宅のフォアコート

  • 北欧の神話に登場する世界の始まりとなったと伝えられる「トネリコ」の樹。この街のストーリーもトネリコの樹が中心に配されたプラザから始まる。プラザは隣接街区と接する「辻空間」で、近隣住民との交流を育み様々な出会いやコミュニケーションを誘発する場となる。
  • リゾート感を演出しやすいヤシの木も配置。プラザの花壇の縁には腰掛けられるような立上りを設え、座ってくつろげるようにした。

くじらテラス

※ 完成予想CG

くじらの尾ひれをモチーフにしたダイナミックな演出で、住宅へのイマジネーションとわくわく感をそそるテラス

  • くじらテラスは、上から見るとくじらの尾ひれに見えるようにデザインされている。思わぬ気づきを誘発したり、家に友達が来た時に自慢できる、そんな仕掛けがあると楽しい。
  • 大階段は、「ローマの休日」のスペイン広場のように、どんどん腰かけて使って欲しい自由なくつろぎの場。エントランスへの導入部でありながら、みんなの憩いの場にもなっている。

2.アトラクティブゾーン

ワクワク感と癒しが共存する、遊び心が溢れる憩いのゾーン

妖精の小路

※ 完成予想CG

住人に癒しと安らぎを与えるファンタジックで静かな森の小路

  • 人が通ると光がぼんやりと灯ったり消えたり、風が吹くと風鈴のような音が聞こえたり・・・まるで自分以外の不思議な存在(妖精!?)を感じさせるような仕掛けが散りばめられる。
  • 景石の脇を覗き込むと小さな家の扉や階段が!ここに棲む住人はひょっとして妖精?・・・こどもたちのイマジネーションを掻き立てるような仕掛けを展開し、「こんなのあったよ」と思わず人を呼びに行きたくなると楽しい。

冒険の森

※ 完成予想CG

大人も子供も何かに気づき、発見ができる遊び心にあふれた緑豊かな森

  • 通路はくねくねと蛇行しところどころに枕木の脇道が配され、ちょっとした迷路空間となっている。起伏もあってブリッジと通路が立体的に交錯し、散策していても飽きない。
  • ここを散策すると、ある時期には松ぼっくりやユニークな形をした木の実などにも出会える。拾った木の実は子供の宝もの。木の実で工作や遊びを楽しんで欲しい。

水憩テラス

※ 完成予想CG

水景を中心に潤いに包まれ、住人同士が和やかにコミュニティを形成するテラス

  • 昔から、水のあるところには人が集まると言われているが、住人やご近所の方々が自然と集まってきて、潤い溢れる交流を図ってもらえることを狙っている。
  • じゃぶじゃぶ池で水と戯れたり、デッキで水音に癒されたり、或いは滝の裏側から水を眺めてみたりと五感で水を感じる場を展開し、その時の自分の気分に合わせて水を楽しむことが出来るようにした。
  • 特に水の音は重要で水景の種類によって様々な音色を響かせ、周囲の雑音を掻き消す力を持つ。また次のシーンを予感させイマジネーションを喚起させる役目を担う。

3.フレンドシップゾーン

緑や火を囲みながら、隣人知人との親睦を育むゾーン

ハーベストテラス

※ 完成予想CG

果樹やハーブなど実りをテーマにコミュニティを醸成するテラス

  • ハーベストテラスは菜園やハーブガーデンが展開する「実り」の場。野菜や果物を収穫して食べたり、ハーブを摘んで料理に使えたら楽しい。
  • オリーブの木を囲むように配されたツリーテラスには滑り台が設えられ、子どもの遊び場となる。ツリーテラスはデッキから石の階段で繋がれ回遊性があり、子どもたちがくるくる回ってはしゃぐ様子が目に浮かぶ。また周囲は休憩スペースにもなり、子どもを見守るお母さんたちがくつろいでおしゃべりしたり、農作業の休憩で腰かけたり、或いは仕事をしたりと色んなシーンが展開する。

暖憩テラス

※ 完成予想CG

陽や火をテーマに温もりのあるふれあいを育むテラス

  • 火は不思議と人の心を静める。火に人は集まり、火は文化でもある。暖憩テラスはその名の通り火を囲んで憩う場で、実際の生火を囲んで温もりや火の揺らぎに和みを感じることができ、他にはない贅沢で特別な場である。イベントなどで皆で火を囲むのも良し、一人で火を眺め微睡むも良しである。
  • 周囲の原っぱでは皆でBBQもでき、火が人の繋がりを強くしてくれる。

4.ピースフルゾーン

花緑と一体となり、穏やかで安らぎを感じるゾーン

季節の散歩道

※ 完成予想CG

くじらのあぶくによる波紋をテーマにした、四季を感じる森の散歩道

  • もっとも季節を感じられる場所で、お年寄りでもゆっくりと散歩が楽しめるような小路が配されている。いつもどこかで花が咲き紅葉する木や花木も多く季節の移ろいを感じやすい場所。
  • 波紋状の広場がいくつも連なったデザイン。潜ったクジラのブクブク吹いた泡がここで水面にあがり、波紋になったことをイメージしたデザインになっている。

ガーデンギャラリー

※ 完成予想CG

自然のあしらいにあふれた花緑とアート性が融合した森のガーデンギャラリー

  • 彩り溢れる花類やカラーリーフが植えられ、デコラティブなオーナメントやプランターが点在するガーデンで、エントランスからも眺めることができる。自然のあしらいに溢れながらも上質なアート性を感じさせる場となる。素敵な鳴き声を聞かせてくれる鳥たちの来訪を願い、実のなる植栽やバードバスを設けた。

5.ブライトゾーン

美と健康を育むアクティブコミュニティゾーン

ガーデンギャラリー

※ 完成予想CG

住民のための森の運動場であり、イベントや防災時にも活用される広場

  • アクティブパークは東京オリンピック開催にちなみ競技場をモチーフとしてデザインした。人工芝のフィールドとカラフルなゴムチップ舗装で楽しげな空間とし、表彰台をモチーフとした高さの異なるベンチ等も設えられる。
  • 中央の人工芝のフィールドではフットサルや、ドッジボール、バレー等の球技が楽しめ、その廻りにはに3on3コートをはじめ20m走ができる子供向けトラックや一輪車手摺、鉄棒、パターゴルフ等の様々なアクティビティを楽しむことが出来る。

ホーリーグローブ

※ 完成予想CG

この街で最も神聖な場所でタイムカプセルが眠る森

  • この街で最も神聖なサンクチュアリとして設え、フォーマルなくじらテラスと躍動的なアクティブパークのバッファーにもなる森。
  • この場所の中心に設えられた景石の下にはタイムカプセルが埋められ、何やら呪文の文字が刻まれている・・・時空を超えて想像力を働かせて欲しい。

ガーデンアプローチ

※ 完成予想CG

トウヒを中心としたコニファーの列植と美しい花緑で彩られたガーデンアプローチ

  • 月島駅側からのアプローチとなる場所であり、住空間への重要な玄関口となるとともにONとOFFを切り替えるトランジット空間となる。コニファーの列植が住人を出迎え、この瞬間住人の心は一気に都会の雑踏から安堵感へと包まれる。
  • 中央に植えられた「トウヒ」の樹はクリスマスにはイルミネーションが施され、クリスマスツリーとして活躍する。

PICK UP!! TOPICS TOPに戻る

  1. 完成予想CGは、計画段階の図面を基に描いた完成予想図で、実際とは異なります。形状の細部、設備機器等は表現していません。 表現されている植栽は竣工から初期の育成段階を経た状態のものを想定して描いており、竣工時は植物の育成を見込んで必要な間隔をとって植えております。施工上の都合により設定位置・樹高・本数等変更される場合があります。共用施設の使用にあたっては管理規約に従って頂きます。一部施設のご利用は有料となります。
  2. 導入する設備・サービス内容等は、企画段階のもので一部変更となる場合があります。また、将来にわたって保証されるものではありません。
  3. 共用施設の使用にあたっては管理規約に従って頂きます。焚き火、宿泊等は指定の場所でのみご利用可能です。一部施設・サービスのご利用は有料となります。
  4. 本物件の敷地の一部は公開空地となっており第3者の利用があります。
ページトップ