三井不動産レジデンシャル 学生寮事業に参入 第一弾物件 「カレッジコート平和台」 が竣工、入居開始へ

2017.03.21

三井不動産レジデンシャル株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:藤林 清隆)は、新たな事業領域として学生寮事業※1に参入し、第一弾となる「カレッジコート平和台」(東京都練馬区)が2017 年3 月に竣工しましたのでお知らせいたします。本物件は、三井不動産レジデンシャルが開発、竣工後は全国に学生寮を展開する株式会社毎日コムネット(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:伊藤 守)に一括賃貸し、同社が運営を担います。なお、入居は4 月1 日開始予定で、既に95%以上の入居申し込みを受けています。

「カレッジコート平和台」は、沿線に大学キャンパスを多く有する東京メトロ有楽町線・副都心線「平和台」駅徒歩6 分に立地。地上7 階建て178 室、家具・家電付きの各専有部は、独立したユニットバス・洗面台・トイレを配した個室とし、プライバシーにも配慮しています。また、管理人夫妻が常駐するとともに、栄養士により考案された朝夕2 食が共用部の食堂にて提供され、学生の安全で健康なキャンパスライフを支えます。

※1 学生寮・学生マンション等を包括する学生向け住宅事業を「学生寮事業」と呼称

 

「カレッジコート平和台」の特徴

1.三井不動産レジデンシャルとして初の学生寮事業

2.実績豊富な毎日コムネットによる運営

3.住居としての高い基本性能と居住者コミュニケーションを両立させた専有部・共用部

詳しくはこちら(PDF)