「住めばおのずと時間が生まれる家」をコンセプトにデザイン 三井不動産レジデンシャル初の宿泊体験可能モデルハウス スマートタウンでの暮らしを体験できるサービスを提供 9 月23 日(土)より宿泊体験開始

2017.09.15

三井不動産レジデンシャル株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:藤林清隆)とFujisawa SST協議会(代表幹事:パナソニック株式会社)は、三井不動産レジデンシャルでは初の宿泊体験が可能なモデルハウスをFujisawa サスティナブル・スマートタウン(所在地:神奈川県藤沢市、以下、Fujisawa SST)内に新設し、2017 年9 月23 日(土)から住宅購入検討者を対象に宿泊体験を開始します。

住居と街の住み心地を体感いただくとともに、間取りや設備、サービスに対する声を集め、新たな商品の開発やサービスの提供など、今後の街づくりに生かしていきます。

詳しくはこちら