ご購入者の声 Vol.34

パークホームズ清澄白河

ゆかりのある土地に住まい、自分をリセットする空間

パークホームズ清澄白河

出産に関するお仕事をされているMさんが選んだ土地は、安産の神様で有名な神社にほど近い場所。職場にも近く、ご実家へのアクセスも良いため、まさにご自分にぴったりの土地だと感じたそう。自然豊かな環境に囲まれた現在の住まいに引越してから生活のスタイルが変化し、プライベートの時間も充実していると感じているそうだ。
(入居年:2014年 家族構成:おひとり暮らし)

照明から始まる、お気に入りに囲まれた部屋

住まいは毎日の疲れをリセットし、リラックスする空間だと考えたMさん。入居前にはアジアンテイストのリビングをイメージしていたところ、インテリア選びの初めに紫の花がかわいいペンダントライトを見つけて一目惚れしてしまい、それに合わせてベース色から再コーディネートされた。家具や小物の単体ではなく、全体の配色を考えて差し色を活かす構成としたのは、お姉様からのアドバイスだ。生花やプリザーブドフラワー、観葉植物が彩りを添えている。
お気に入りは無垢材で作ったオーダーメイドのリビングボード。工房ではテイストを揃えてなんと仏壇までオーダーできるとのこと、長い目で見たカスタマイズも楽しめそうだ。

リビングボードは年を経た色の変化も楽しむため、ウォールナットをチョイス。色鮮やかな花々から細やかな心配りが感じられる。

リビングボードは年を経た色の変化も楽しむため、ウォールナットをチョイス。色鮮やかな花々から細やかな心配りが感じられる。

家には仕事を持ち込まず、ゆったりリラックス

お家を究極のリラックススペースにしたいMさんはオンとオフを完全に区別して、お仕事はお家に持ち込まない主義。書籍や書類などは普段の生活では目につかないように収納している。
サニタリースペースは、元気をくれるピンクがアクセントカラー。1日の疲れをリセットするバスタイムには、さまざまな入浴剤を揃えてその日の気分で楽しんでいるそうだ。今のお気に入りは炭酸湯だとか。
また、最もリラックスできる場所としてこだわっているのが寝室。7時間近くを過ごすベッドは、大物家電を収納するスペースを下に確保できるよう、敢えてセミダブルを選択。大きいサイズのおかげでゆったり眠れるとのこと。もうひとつのこだわりは超高密度のムートンシーツ。手触りは抜群、眠りや体調回復の質までアップし、ご実家に行かれても泊まらずにわざわざご自宅に帰ってくるようになったというほどのお気に入りだ。

ピンクをアクセントとしたサニタリースペース。

ピンクをアクセントとしたサニタリースペース。

コシのあるムートンシーツは寝心地抜群。

コシのあるムートンシーツは寝心地抜群。

書類はフラップ扉の内側にまとめて収納するなど、仕事を意識させる物は外から見えない場所に収めてリラックスできる空間に。

書類はフラップ扉の内側にまとめて収納するなど、仕事を意識させる物は外から見えない場所に収めてリラックスできる空間に。

インテリアへのこだわりはカラーだけでなくデザインにも。タオルやハンガーなどの小物は大好きな黒猫をテーマに選んだ。

インテリアへのこだわりはカラーだけでなくデザインにも。タオルやハンガーなどの小物は大好きな黒猫をテーマに選んだ。