住宅・住空間部門受賞

GLOBAL FRONT TOWER

知育浸水庭園「URBAN SANCTUARY」中央にそびえる5角塔。
都心で四季を楽しむ暮らしの創出。

  • 東京都港区
  • 事業主/三井不動産レジデンシャル株式会社  日本土地建物株式会社 伊藤忠商事株式会社 伊藤忠都市開発株式会社 清水建設株式会社

都心に自然のやすらぎを感じられる住空間をつくれないだろうか。

約7.7haもの大規模駅前再開発が進行中である田町駅東口に隣接する、地上34階、総戸数883戸の分譲マンション。山手線徒歩圏内、6駅7路線が利用可能なアクセスの良い都心立地でありながら、東京湾につながる芝浦運河に抱かれたこの地に、大規模な都心居住環境を創出するにあたっては、「都心のウォーターフロントに心地よく住まう」という都市生活スタイルの提案を目指した。旧港エリアの再開発など、都心のウォーターフロント開発は世界的にもトレンドとなっているが、本物件も、倉庫や工場が立ち並び、一般の方には運河が閉じられていたエリアに、都心にいながら水辺で自然のやすらぎを感じられる住空間の創出を目標とした。

【 審査員評価コメント 】

「水辺沿い空地」という制度を用いて、公共に開かれた、運河の風景を楽しむ庭を創出した点が評価された。マンションの空地としてだけでなく、運河沿いの環境整備を通して既存の水面の価値の向上に貢献するプロジェクトである。