三井のすまい

三井不動産レジデンシャルの
住まい情報総合サイト

Fine Court Ecology -環境性能-
環境性能 安心して暮らせる 住まいの実現。

室内の空気環境や省エネルギーにも配慮することで、安心して暮らせる住まいを実現。省エネ意識の向上で、地球環境にも貢献しています。

環境性能

トップランナー基準適合住宅

次世代省エネルギー基準をクリア、さらに省エネルギー性能に優れたトップランナー基準適合住宅

建売戸建住宅を新築・販売する住宅事業建築主が目指す、住宅の省エネルギー性能を新たに定めたものが「住宅事業建築主の判断基準」=住宅のトップランナー基準です。トップランナー基準では、従来の断熱基準に加えて、冷暖房設備や給湯設備の効率性なども評価基準となっており、総合的な住宅の省エネ性能が求められています。

省エネ基準とトップランナー基準の比較

  • ※1   住宅に係るエネルギーの使用の合理化に関する建築主等及び特定建築物の所有者の判断の基準(平成11年告示) ※2  住宅事業建築主の判断の基準(平成21年告示)
  • ※3   平成11年基準の断熱性能に加え、一般的な性能(平成20年時点)の設備を設置した場合との比較
  • ※登録建築物調査機関による第三者評価は受けていない場合があります。
  • ※全てのファインコートが「トップランナー基準適合住宅」ではありません。
  • ※掲載の情報は平成24年3月現在のものです。

省エネルギーに配慮した設備

断熱性能、Low-E複層ガラス、LED照明、節水トイレ、節水シャワー、保温浴槽、食洗機、EV対応コンセント

安心して暮らせるホルムアルデヒド対策

シックハウス症候群の代表的な原因とされるホルムアルデヒドに対して、積極的に対策を実施。構造材をはじめ、床・壁などの合板、建具・システムキッチン・洗面化粧台の面材には、ホルムアルデヒド発散量の少ないF☆☆☆☆の素材を採用。壁・天井クロスに使われる接着剤はノンホルムタイプのものにするなど、人体にやさしい住まいを追求しています。

ファインコート」はF☆☆☆☆の製品を標準仕様として採用

住まいの快適性を高める
24時間低風量換気システム

各居室に設置した給気口から屋外の新鮮な空気を採り入れ、各階の換気ファンから「24時間低風量」換気するシステム。窓を閉じたままの状態でも住戸内の空気が常に入れ替わり、化学物質を低減し、清潔な住空間を実現します。

概念図

パッシブデザイン

風や光など、身近にある自然の恵みを住まいに活用する考え方を、パッシブデザインと言います。比較的開口部の多い戸建て住宅とパッシブデザインは好相性。ファインコートは、先人の知恵や先進の設備を活用することで、街並み・プランニング・設備などに反映しています。暮らしの中でエネルギー消費を意識する時代に、快適でエコロジカルな住まいを創る設計思想です。

概念図

自然風が流れる街並み

ファインコートは、周辺環境や地形を考慮しながら、開発する土地に応じた街並みのパッシブデザインを実施しています。 自然風の利用は、その大きな要素の一つ。開発道路の配置や、各住戸の配棟計画により爽やかな自然風を導き、夏の冷房エネルギーの低減に配慮しています。

採光を確保する
オープンスペース

近接する区画のカースペースを複数台分連続することや道路の配置により、開放的な陽だまりスペースを創出しています。

スマートファインコート

全国初「エネファーム」全戸採用

省エネ・省CO2といった地球環境への配慮に加え、防災の観点からのも社会的ニーズが高まっている、家庭用燃料電池「エネファーム」。 三井不動産レジデンシャルと東京ガスは、その性能を最大限に活かし、さらなる環境貢献と社会貢献を推進していきます。全国初、全戸「エネファーム」標準採用※4。「ファインコート」が選んだ、さらに快適な暮らしの答えがここにあります。

  • FINE COURT
  • ENE-FARM
  • ※4   新築分譲戸建住宅を年間200戸以上供給するデベロッパーが東京ガス供給区域におけるシリーズ全戸で「エネファーム」を標準採用するのは、日本で初めてとなります。(平成26年3月12日時点)平成26年3月時点で設計を開始している一部の物件より、順次開始しています。

酸素と水素で発電+給湯する「エネファーム」

酸素と水素を反応させて、電気と熱を同時に作り出す家庭用燃料電池「エネファーム」を全戸に採用※5
自宅で発電しながら、同時に発電の際に発生する熱を給湯に利用できます。

エネファームのしくみ(イメージ) 家庭で使用する電力の約5割<sup>※6</sup>を発電

  • ※5   東京ガス供給区域のみ。平成26年3月時点で設計を開始している一部の物件より、順次開始しています。
  • ※6   【東京ガス試算】 試算結果による一例であり、電気・お湯の使用量により異なります。戸建(延床面積100㎡)4人家族のモデルの一例。
    ●年間負荷:給湯13.3GJ、風呂保温1.5GJ、調理2.2GJ、冷房7.8GJ(従来の住宅8.6GJ)、床暖房7.0GJ(従来の住宅11.3GJ)、エアコン暖房3.6GJ(従来の住宅5.8GJ)、照明他17.9GJ
    ●年間電力需要:5,953kWh(従来の住宅6,185kWh)◎数字は四捨五入しているため、合計が一致しない場合があります。

エネルギーの有効活用が、快適を広げる。

家庭用燃料電池「エネファーム」は、電気とお湯をつくるだけではありません。
足元から温まるガス温水式床暖房や心身をリフレッシュできるミストサウナなど、「エネファーム」で作られたエネルギーを有効活用することによって、快適な暮らしがさらにひろがります。

エネファームのシステム概念図(イメージ)

Ecology 地球にやさしく

「ファインコート」は、改正省エネルギー基準※7を満たし、さらに省エネルギー性能に優れたトップランナー基準※8にも適合しています。
こうした優れた住宅性能に加え、「エネファーム」によりCO2排出量の大幅な低減に貢献しています。

年間CO<sub>2</sub>約-1200kg削減<sup>※9</sup> ブナの木なら年間約240本分のCO2削減効果!<sup>※9</sup>

Economy 家計にやさしく

新しい住まいで、新しい暮らしを存分に楽しみ、先進の設備や機能をフルに使って便利さを享受しながらも、気がつけば電気代の節約ができていて、経済的なメリットを得ることができる。
それが「ファインコート」と「エネファーム」の目指す新しい住まいです。

年間の光熱費を約5~6万<sup>※10</sup>軽減します。(ご利用状況等によりメリット額は異なります。機器費・設置工事費は除く) ■エネファーム導入による光熱費削減効果(イメージ)

Safety もしもの時も安心

家庭用燃料電池「エネファーム」は、災害の時などに万一断水しても「エネファーム」に溜まっている水140ℓを使用できるので安心です。
※災害により、貯水タンクが損傷する等した時は利用できない場合があります。

エネファーム本体に加え接続機器についても、10年間のフルサポートサービスを無償でご提供します。※11

水140Lを確保 5Lバケツで約28杯分 10年間安心フルサポート

  • ※7   自己評価です。改正省エネルギー基準(平成25年基準):2013年9月に改正された、「エネルギーの使用の合理化に関する建築主等及び特定建築物の所有者の判断の基準」および「住宅に係るエネルギーの使用の合理化に関する設計、施工及び維持保全の指針」のこと。平成11年度基準のみを満たした物件も併行して分譲いたします。
  • ※8   トップランナー基準(住宅):次世代省エネルギー基準を満たしたうえ、2008年度時点での一般的な設備(エアコン・照明・給湯器など)を備えた住宅に比べ、エネルギー消費量をおおむね10%以上削減することが求められます。現在分譲中のファインコートにも、一部トップランナー基準適合住宅ではないものもございます。
  • ※9   【東京ガス試算】当社従来品との比較。戸建(延床面積100㎡)4人家族のモデル一例。
    ●年間負荷/給湯:16.6GJ、風呂保温:1.3GJ、調理:2.2GJ、冷房:5.6GJ、床暖房:12.4GJ、エアコン暖房:5.4GJ、照明他:11.4GJ
    ●電力需要量(ガス・電気併用住宅の場合。従来TES熱源機使用)3,773kWh
    ●1次エネルギー換算値 電気:9.76MJ/kWh、ガス:45MJ/m3、給湯暖房効率:80%。CO2排出係数/ガス:2.29kg- CO2/m2、電気:0.69k- CO2kWh。ブナの木が1年で平均してCO2を約5kg吸収すると仮定して計算。(実際にブナの木が吸収する量とは異なります。) ●ガス料金:エネファームはエネファームで発電エコぷらん床暖割(家庭用燃料電池契約)、従来システムは暖らんぷらん(家庭用ガス温水床暖房契約)適用。(税込金額、基本料金含む。ガス料金は、東京地区等にて試算。家庭用選択約款の適用には、東京ガスブランド品にかぎりません。) ●電気料金:東京電力の従量電灯B適用、契約アンペア40A。平成27年9月時点の平均原料・燃料価格に基づきます(税込金額、基本料金含む)。但しご使用状況により差額は異なります。
  • ※10 ●ガス料金:冬期・その他期の平均(冬期- C表、その他期- B表)、電気料金:従量電灯- 第二段階、第三段階の平均、水道代を含まず。
    ●エネファーム:定格出力で運転した場合の試算。
    従来型瞬間式給湯器効率:80%。年間負荷、年間電力需要は※3によります。
  • ※11 エネファーム「安心フルサポート」は、東京ガス製のエネファームにつきまして、東京ガスと都市ガス供給契約を締結されている方に対して東京ガスが用意するメニューとなります。
    東京ガス以外と都市ガス供給契約を締結した場合、「安心フルサポート」の提供は終了となり、「安心フルサポート」にて無償となる、点検・故障修理などの費用については、お客さまのご負担となります。
  • ※掲載の内容は物件により異なる場合があります。詳しくは各物件のパンフレットの仕上表・設計図書でご確認ください。

詳しくは「FINE COURT Book」でご覧いただけます。